閉じる

ここから本文です。

おいしい山形東京支部

おうとう

山梨産は結実不良により6割作の予想であるが、山形産については生育良好である。ハウス物(佐藤錦や紅秀峰)は母の日を境に販売の動きは落ち着いている。6月は梅雨の時期であもあり天候次第で変わるが、山形産の紅さやかは5月末頃から出荷予定。また佐藤錦は早場園地で6月5~10日頃よりスタート。ピークは20日前後と思われる。紅秀峰は6月下旬より初出荷を迎える。秋田産は6月下旬から始まる。

ぶどう

シャインマスカットは全国的に増加傾向にあるものの6月の出荷量は微増となる。山梨産デラウェア・ピオーネ・種無し巨峰の作付面積は昨年比から微減。島根産デラウェアは生育遅れとなるものの出荷ピークに入る。山形産デラウェアは6月中下旬からとなるが、本年度は重油高から6月の出荷量は平年比から少ない。岡山産は5月末からシャインマスカット・ピオーネが始まり、6月に入りアレキサンドリアの販売が始まる。果専店、百貨店、輸出等の販売が中心にはなるが、数量増加や露地物の販売に伴い少しずつ販売範囲が広がっていく。

もも

ハウスに関しては輸出での荷動きが盛んで、国内での需要を見ながら相場形成を行っていく。また前進傾向で終了も例年よりも早い見込み。露地物は例年よりも早い生育状況のため、山梨産の早場の産地は6月中旬頃から「ちよひめ・はなよめ」の出荷が始まり、和歌山産も始まってくる。下旬には山梨産日川白鳳の出荷開始。6月は多品種の露地物が出揃ってくるため、桃の売り場を確保していく相場形成が重要となる。

メロン

【アールス】今年は早い梅雨入りにおいて下旬頃から品質の低下が予測される。また夏系品種に切り替わり小玉が若干だが多く出荷される。総体では食味は良好と言える。入荷量は前年をやや下回る予想。
【その他メロン】昨年より生育が遅れ、大玉傾向だった昨年から今年は平年並みから小玉傾向となり、天候不順の影響で下等級比率が例年より高めになる予想。

すいか

【大玉】熊本産は5月中旬がピークでありその後は昨年並みの出荷状況。肥大良好で3L・4Lの出荷。販売環境は売り込みを広げている点とほかに売る品目が少なかったことで売り場は広い。そのため順調な販売が続いている。千葉産は5月下旬よりハウス作柄がピークに入るが、昨年よりは少ない見込み。MA中心と平年並みの肥大。鳥取産は6月初旬からスタートする予定で順調な作柄である。
【小玉】5月の販売は着果不良を受け7割作となる。6月も天候不良を受け昨年より少ない見込み。販売環境は出荷が少ない予想のため引き合いが強くなる予想。熊本産、黒小玉は昨年の65%を見込んでいる。全体に数量減単価高と見込まれる。

きゅうり

関東中心の出回りだが盛期を過ぎて減少してくる。増量となる東北産は生育順調。梅雨入り後は全体量減に伴い相場上昇の気配。予想入荷量は前年・平年並み。見通し単価は前年・平年をやや上回る。

トマト

熊本産は病害の影響で切り上がり早めか。関東産は盛期となり、北海道産が出始めるが中下旬は全体量引き締まり相場堅調の気配。予想入荷量は少なかった前年並み~微減で平年を下回る。見通し単価は高かった前年並みで平年をやや上回る。

ねぎ

茨城産の夏ねぎが出荷ピークとなる。千葉産も含め生育は順調。天候よければ十分な出回りで相場は軟調となる気配だが、梅雨で収穫できないと数量減で相場上昇。予想入荷量はやや少なかった前年を上回り平年並み。見通し単価は前年を上回り平年並み。

だいこん

上旬は千葉・茨城産が終盤で減少するため引き合いが強まる見込み。中旬になると北海道・青森産が安定出荷となり反落予想。青森産の生育は問題なし。全体の予想入荷量は少なかった前年を上回るも平年をやや下回る。見通し単価は前年並みで平年を1割近く上回る。

バナー広告