閉じる

ここから本文です。

おいしい山形東京支部

りんご

本年度は、大きな天候被害もなく各主産県で不作だった前年に比べて2割程度多い数量見込んでいる。「サンふじ」のスタートは山形産で10月末、長野産で11月初旬、青森産で11月中旬を見込んでいる。食味は各地良好で大玉傾向、本年度は中生種に出遅れが見受けられ、また過去にない高値であった前年と比較すると安値での展開が予想されるが平年並みの市況展開になると考えられる。

西洋なし

山形産「ラ・フランス」はエチレン処理したものが10月21日、一般予冷品が10月25日からの販売開始となり各JAが出揃う。収穫は平年並みを見込み、出荷中心階級は平年並みの18玉中心となる。新潟産「ル・レクチェ」は11月下旬出荷開始予定、平年より収穫量は多く大玉傾向と見ている。

かき類

「たねなし柿」は上旬まで刀根早生柿と平種無柿の併用販売となるが上中旬からは平種無柿のみの販売となり下旬は新潟産となる。代わって福岡・奈良・岐阜産等の「富有柿」中心の販売になる。出荷量は前年に比べ多く12月上中旬までの販売となる。愛知産「次郎柿」は前年災害に見舞われ少なかったが本年度は一昨年並みの出荷量が見込まれる。

きゅうり

高知・宮崎産はやや遅れているも増量し、中旬には最初のピークを迎えて相場軟化の気配。現状、曇雨天により出方は鈍いが天候が安定すれば順調な出回りとなろう。予想入荷量はやや多かった前年を下回り平年並み。見通し単価は前年を下回るも平年をやや上回る。

トマト

熊本産は前年ほどの病害なく生育は概ね順調。愛知産も問題なし。千葉産で着果不良見られるものの、全体量として前年を上回り平年並みを予想。見通し単価は前年を下回り、平年をやや下回る。

ねぎ

北海道・東北産が終盤に向かい漸減。茨城産が増えてくるも北日本産の減少を補えるほどの数量はなく、下旬は相場上昇か。予想入荷量はやや多かった前年を下回るも平年並み。見通し単価は前年を大きく上回り平年比でもやや上回る。

だいこん

上旬は青森産が終盤で減少。中旬から増量となる千葉産は台風等の被害なく作柄良好。10月までは北日本産が大雨等の影響から少なく高値基調だったが今後は潤沢な出回りとなり相場は下落の気配。予想入荷量は前年・平年並み~やや多い。見通し単価は前年並みも平年を2割以上に下回る。

バナー広告