こんにちは、ゲストさん

ホーム >鶴岡田川 >稲作情報 >


おいしい米づくり情報第14号

刈取後すぐに「秋の浅耕」や「石灰窒素の施用」を行い、
稲わら腐熟を進めて来年度ワキにくい土壌環境を作ろう!

主な内容
〇「秋の浅耕」について
〇「石灰窒素の施用」について

例年ワキの発生が強い圃場、排水がよく乾きやすい圃場では
「秋の浅耕」をやってみよう!

乾きにくい圃場は
ぬかりやすい部分以外の「秋の浅耕」や「石灰窒素の施用」
を行ってみよう!

「おいしい米づくり情報」第14号はコチラ(PDF/340.5KB)


発信者/庄内総合支庁農業技術普及課 作物班

問合せ先/0235-64-2103

更新日/2020年 10月 2日

関連情報

6月18日
鶴岡・田川地域 おいしい米づくり情報第8号 生育中期の管理編&水稲直播情報第3号【庄内普及課】
6月11日
鶴岡・田川地域 おいしい米づくり情報第7号 初期生育確保編【庄内普及課】
6月3日
鶴岡・田川地域 おいしい米づくり情報第6号 ワキ対策編【庄内普及課】
5月14日
鶴岡田川 おいしい米づくり情報第5号 本田初期水管理編【庄内普及課】
5月14日
鶴岡田川 水稲直播情報第2号【庄内普及課】

ページの先頭へ