こんにちは、ゲストさん

ホーム >大豆・麦・そば >


平成30年度グッドハーベストコンクール審査結果について

山形県産米改良協会連合会主催による、大豆・そば・飼料用米の多収穫を競う「グッドハーベストコンクール」の審査結果をお知らせします。

1 開催趣旨
グッドハーベスト(「豊作」の意)コンクールは、県内の大豆・そば・飼料用米の生産性向上を目指し、収穫量が多く、意欲的に経営や技術の改善に取り組む農業者、生産組織を表彰することで、農業者の意識の高揚を図ることを目的に開催しています。

2 結果
各総合支庁各農業技術普及課を通して、大豆の部6点、そばの部2点、飼料用米の部4点のエントリーがあり、収穫量や経営・技術の改善に向けた取組みをもとに、2月28日に開催した審査会(JA山形中央会、全農山形県本部、山形県米穀集荷協同組合、県)において別添のとおり「県知事賞」を決定しました。


審査結果


発信者/県産米ブランド推進課

問合せ先/023-630-2457

更新日/2019年 3月 4日

関連情報

6月10日
酒田・飽海大豆情報 第2号【酒田普及課】
9月1日
もがみ大豆だより第3号【最上普及課】
8月21日
令和2年度山形県グッドハーベストコンクールの実施について【県産米ブ課】
5月18日
庄内麦情報 第3号【庄内普及課】
5月18日
庄内大豆通信 第2号【庄内普及課】

ページの先頭へ