こんにちは、ゲストさん

ホーム >病害虫診断防除支援システム >病害虫図鑑 >稲 - 苗立枯病 リゾープス菌  >


>> 病害虫図鑑

対象作物 > 穀類 > 稲
対象病害虫 > 病害情報 > 「な」から始まる病害 > 苗立枯病(リゾープス菌)

作物名
 
病害虫名
苗立枯病 リゾープス菌
 
写真
箱全面に白色のカビが発生し、全滅に近い被害状況 箱全面に白色のカビが発生し、全滅に近い被害状況  
出芽時の高温多湿により白色の菌そうが密生し、出芽不良となる 出芽時の高温多湿により白色の菌そうが密生し、出芽不良となる  
 
症状
1.緑化開始時に箱全面が白いカビでおおわれ、やがて胞子が形成されると灰白色になる。
2.カビが発生した部分は、出芽が不良となる。
3.出芽しても苗の生育は悪く、黄緑色に退色し、根は短く、根数も少なくなる。また根は褐変したり、先端が異常にふくらむことがある。
4.箱の表面にカビが見られない場合でも、種もみ層に綿毛状の白いカビが密生することもある。
 
発生要因
1.出芽時の高温多湿、特に出芽時の33℃以上の加温は菌の繁殖を旺盛にする。
2.極端な厚まきや傷もみ混入の多い種もみの使用。
3.床土の過湿と窒素肥料の多施用。
4.中苗育苗では特に被覆資材管理の不徹底。
5.汚染した種もみ、育苗施設、資材の使用。
 

ページの先頭へ