こんにちは、ゲストさん

ホーム >水稲 >


有機農業除草法データベース

画像

 除草剤を使わない雑草防除法の開発は現在も進んでいますが、残念ながらそのどれもが、防除効果、水稲の生育、投入コストの面で、除草剤と同等という訳ではありません。また、除草剤に比較して多くの条件制約も受けます。
 このシステムはほ場条件や営農条件に、より適合する雑草防除技術を選択するものです。技術の特徴をよく理解して雑草発生を抑え、また安定的に水稲の生育を確保することに努めてください。


有機農業除草法データベース

発信者/農業試験場

更新日/2003年 9月 10日

関連情報

1月12日
【参加者募集】むらやま米フォーラム2017(2月1日開催)【村山普及課】
1月6日
「持続性の高い農業生産方式(エコファーマー)」栽培指標【農業技術環境課】
12月22日
水稲新品種「山形112号」の名称県民投票が始まりました。【県産米ブ課】
8月19日
水稲新品種「山形112号」名称募集のお知らせ【県産米ブ課】
4月27日
北村山「稲作だより第2号」「つや姫だより第2号」をお届けします【村北普及課】

ページの先頭へ