こんにちは、ゲストさん

ホーム >当面の技術対策 >


当面の技術対策(省エネ対策)(平成20年1月)

施設園芸等における省エネルギーを中心とした対策

平成19年10月の当面の技術対策で省エネルギー技術対策を示したが、原油高騰が続いている状況の中で、再度、温室内環境や暖房機器の点検、環境管理技術等の徹底が望まれる。
そのため、以下の対策を行うとともに、「山形県施設園芸省エネルギー化技術指針」を参考に「施設園芸における省エネルギー対策のチェックシート」を用いて点検を行う。

1 適切な温度管理の実施
2 温室内の環境の改善 
3 暖房機器の点検整備の徹底
4 効率的な農業機械作業と機械施設利用の実施 
(詳細はPDFファイルを参照してください。)


施設園芸等における省エネルギーを中心とした対策
施設園芸における省エネルギー対策のチェックシート

山形県施設園芸省エネルギー化技術指針

発信者/山形県農林水産部生産技術課 佐藤隆士

更新日/2007年 12月 28日

関連情報

9月25日
当面の技術対策(平成30年10月)【農技環境課】
8月23日
当面の技術対策(平成30年9月)【農技環境課】
7月23日
当面の技術対策(平成30年8月)【農技環境課】
6月22日
当面の技術対策(平成30年7月)【農技環境課】
5月23日
当面の技術対策(平成30年6月)【農技環境課】

ページの先頭へ