こんにちは、ゲストさん

ホーム >果樹 >果樹「奨励品種等」  >


りんご新品種「秋陽」

品種名 秋陽(しゅうよう)

●特徴● りんごオリジナル品種の第1号
・果実は濃赤色
・甘酸っぱい濃厚な味
・果肉は歯ざわり良く、ジューシー
・収穫期:9月下旬〜10月上旬

(1)育成地
農業総合研究センター農業生産技術試験場

(2)品種登録の経過
平成17年9月26日品種登録出願
平成18年6月21日付け出願公表(官報登載)
平成19年9月現地審査を経て品種登録がなされる見込み

(3)品種の特性
[1]交配親 「陽光」×「千秋」(交配年:1991年)
[2]9月下旬から10月上旬頃に収穫される中生品種。
[3]果実の大きさは、350g前後で「ふじ」と同程度である。
[4]果実の果皮色は濃赤で、着色しやすい。
[5]肉質はパリパリ感があり歯ざわり良く、甘酸適和で食味良好である。

(3)今後の生産振興の方向
 中生の有望な良食味品種として、県内一円において作付け拡大を図っていく。当面の栽培面積目標を50ha(平成22年)とする。将来的には100ha程度の栽培面積を目指す。


秋陽資料
秋陽パンフレット


発信者/生産技術課

問合せ先/023-630-2457

更新日/2007年 9月 28日

関連情報

3月30日
令和2年度果樹奨励、優良、特定・試作品種一覧【園芸推進課】
3月30日
令和2年度果樹奨励、優良、特定・試作品種一覧【園芸推進課】
6月4日
さくらんぼ大玉新品種の名称が「やまがた紅王」に決定!【園芸推進課】
6月5日
山形県育成品種(果樹・野菜・花き)の紹介【生産技術課】
9月9日
すもも 特定・試作品種 太陽【園芸試験場】

ページの先頭へ