こんにちは、ゲストさん

ホーム >酒田飽海 >稲作情報 >


酒田・飽海米づくり情報 第10号

今年は中干しの効果が低かったことから、根張りが不足している圃場が多いと考えられます。
登熟に必要な水が不足しないよう、特にきめ細やかな水管理を徹底しましょう。

今後1か月は高温の予報が出されています。
高温や強風が予想される場合は、一時的に湛水して稲体の消耗を防ぎましょう。

落水の目安は出水後30日以降です。
それまでは間断灌水や飽水管理で登熟を促進しましょう!

酒田・飽海米づくり情報 第10号


発信者/酒田普及課 作物担当

更新日/2020年 8月 19日

関連情報

9月15日
酒田飽海つや姫情報(適期刈取号)【酒田普及課】
9月4日
【緊急】酒田・飽海米づくり情報【酒田普及課】
9月4日
【緊急】酒田・飽海米づくり情報【酒田普及課】
9月2日
酒田・飽海米づくり情報 第11号【酒田普及課】
8月19日
酒田飽海つや姫情報(登熟期の葉色診断号)【酒田普及課】

ページの先頭へ