こんにちは、ゲストさん

ホーム >新規就農情報 >先輩の体験談 >研修生のご紹介 >


がんばる研修生の事例紹介 三浦麻未さん(村山市)

今回は、村山市の三浦 麻未(みうら あさみ)さんを紹介します。

【氏名】三浦麻未
【生年】24歳
【家族構成】父 母 祖父 祖母
【市町村】村山市
【研修前のプロフィール】会社員
【研修場所】山形県農業総合研究センター園芸農業研究所
【研修課題】果樹全般の管理技術

【研修の動機】
 祖父の代から果樹農家を営んでおり、主にさくらんぼとりんごを作っています。
 私は私の家族が作るさくらんぼやりんごが大好きです。そんな美味しい果物を私も作っていろんな人にもっと食べてもらいたいと思い、新規就農を目指し、農林大学校の研修制度を利用して農業を学んでいこうと決意しました。

【研修内容と感想】
 これまでは実家の園地しか見たことがなく、農業についてはほとんど何も知らなかったので、園芸農業研究所の圃場を見ることも作業することも全てが新鮮です。
 園芸農業研究所の方々には果樹の基礎知識や応用技術など様々なことを詳しく教えて頂き、とても感謝しています。多種多様な品種についてたくさんの調査を行なっているため、新梢の伸びや果実肥大等の生育情報の取り方、樹勢の見方、樹勢に合わせた管理方法など勉強になっています。

【今後の目標】
 1年間の研修を終えたら、これまで家族が行ってきた農業に加え、新たな樹種の導入にも挑戦していきたいと考えています。私自身がやりたい農業の実践に向けて、研修で学んだことを生かしていくためにも、今の学べる環境で少しでも多くのことを学び、自分のものにしていくとともに、これからの農業人生をより濃いものにしていきたいです。


研修生の三浦麻末さん
研修生の三浦麻末さん

ぶどうの摘粒作業を実習
ぶどうの摘粒作業を実習


発信者/農林大学校

問合せ先/TEL:0233-22-8794 FAX:0233-23-7537

更新日/2020年 7月 30日

関連情報

4月30日
がんばる研修生の事例紹介 中村大樹さん(戸沢村)【農林大学校】
10月31日
がんばる研修生の事例紹介 田中康裕さん(山形市)【農林大学校】
6月28日
がんばる研修生の事例紹介 本田健太朗さん(高畠町)【農林大学校】
4月26日
がんばる研修生の事例紹介 芳賀あゆみさん(寒河江市)【農林大学校】
12月28日
がんばる研修生の事例紹介 對馬 啓太さん(鶴岡市)【農林大学校】

ページの先頭へ