こんにちは、ゲストさん

ホーム >東南村山 >稲作情報 >


おいしい米づくり情報号外(斑点米カメムシ類・いもち病対策)

斑点米カメムシ類の発生動向
斑点米カメムシ類は5月後半から発生が確認され、雑草が繁茂している場所では100頭を超える地点もみられる
斑点米カメムシ類は全調査地点で確認され、すくいとり虫数は今回調査で急増している
⇒畦畔雑草は7月16日頃までに草刈り、本田残草は今すぐに処理!

いもち病の発生動向
いもち病の感染好適条件は7月上旬に5回発生(BLASTAM)
中干しが不十分な圃場では葉色が濃く、環境条件からもいもち病は発生しやすい状況
圃場の見回り確認から始めましょう

おいしい米づくり情報号外(斑点米カメムシ類・いもち病対策)(274KB)


発信者/村山総合支庁農業技術普及課

問合せ先/023-621-8295

更新日/2020年 7月 10日

関連情報

7月10日
つや姫雪若丸通信第4号(生育状況)【村山普及課】
7月3日
つや姫・雪若丸通信第3号(生育状況)【村山普及課】
7月3日
おいしい米づくり情報第7号(穂肥編)を発行しました【村山普及課】
6月19日
つや姫・雪若丸通信第2号(生育状況編)を発行しました【村山普及課】
6月16日
おいしい米づくり情報第6号(中干し編)を発行しました【村山普及課】

ページの先頭へ