こんにちは、ゲストさん

ホーム >東南村山 >稲作情報 >


おいしい米づくり情報第6号(中干し編)を発行しました

遅れずに中干しを開始できますか?追肥以上の役割を持つ重要な技術です!

中干しは過剰な生育を抑制し、適正な生育量に調整するために行います。
特に、基肥一発肥料を使用した場合、生育量を調節できる最後の機会です。
適期(6/20~6/25頃)に中干しを始めるために、まずは分げつを増やしましょう。

分げつの限界水温は19℃程度です。日中の水温は25℃程度を確保しましょう。
夜間は水交換などで水温を冷やして、稲体の消耗を防ぎましょう。

おいしい米づくり情報第6号(中干し編)(270KB)


発信者/村山総合支庁農業技術普及課

問合せ先/023-621-8295

更新日/2020年 6月 16日

関連情報

7月3日
つや姫・雪若丸通信第3号(生育状況)【村山普及課】
7月3日
おいしい米づくり情報第7号(穂肥編)を発行しました【村山普及課】
6月19日
つや姫・雪若丸通信第2号(生育状況編)を発行しました【村山普及課】
6月12日
つや姫雪若丸通信第1号(生育状況)を発行しました【村山普及課】
6月8日
雪若丸栽培情報(補完追肥編)を発行しました【村山普及課】

ページの先頭へ