こんにちは、ゲストさん

ホーム >果樹 >果樹「生育状況と技術対策」 >


R2「いいもの成らせるさくらんぼ便り」特別号(暖冬対策)

今年は暖冬で経過しています。
このまま暖かい日が続くと、さくらんぼの生育が早まるとともに凍霜害の危険が高くなります。
凍霜害の発生を想定し、摘芽作業時は例年より1芽多く残しましょう。
また、防霜対策や休眠期防除のなどの春作業の準備を早めに実施しましょう。

R2「いいもの成らせるさくらんぼ便り」暖冬対策特別号(PDF:477kb)


更新日/2020年 2月 3日

関連情報

1月27日
当面の技術対策(令和2年2月)【農技環境課】
1月9日
R1「いいもの成らせるさくらんぼ便り」Vol.8【農技環境課】
12月23日
当面の技術対策(令和2年1月)【農技環境課】
11月26日
令和元年度果樹の生態調査(園試11/26現在) 【園芸試験場】
11月26日
令和元年度果樹の生態調査(園試11/26現在) 【園芸試験場】

ページの先頭へ