こんにちは、ゲストさん

ホーム >新規就農情報 >先輩の体験談 >新規就農者からのアドバイス >


新規就農奮闘記9〔常田賢さん〕

 「理想と現実のギャップ」

 皆さんこんにちは。新規就農奮闘記第9回です。もう1年が終わろうとしていますね。これをお読み下さっている皆様はどんな1年になりそうでしょうか。思っていたより良い一年になった方もそうでない方も、まだ今年のうちにもやれることはやって、より良い来年になるよう、心構えなんかもしておければ良いですよね。生きているうちは人生ですからね。終わるまでは、納得できる事をしていきたいものです。

 さて、第1回あたりだと思いますが、脱サラ就農というお話をしたと思います。サラリーマン時代は、いわゆる「使われる」働き方ではなく、独立して自分の会社を持ち、自力で頑張っていくことにとても魅力を感じていたものです。いつか、自分の会社を立ち上げることができたらかっこいいな、なんて思いながら働いておりました。
 サラリーマン時代に考えていた「自営や経営者になるとこうなれる」という理想というか期待していたことをまとめると、大きく分けるとこんな感じです。

 1 自分の頑張った分だけ手に入れられる上限のない所得
 2 自分に合った働き方ができる
 3 最終責任が曖昧にならない
 
 良くも悪くも自分次第。きっと頑張れる自分なら独立しても今以上に仕事をバリバリこなしてガンガン儲けを出すんだなんて思っていた訳です。

 しかし、ふたを開けてみれば以前の奮闘記に書いておりますが、踏んだり蹴ったりな結果で、頑張った分儲けられるなんてとんでもない話でした。
 研修中は150万円の給付金と、それまでの貯金で生活し、その後は5年間の新規就農者向けの給付金もありますが、初年度の利益はマイナス140万円、2年目の利益はプラス15万円といった具合で、やってもやってもお金が残らない状況です。

 残らないというか減っていますね。今年度からようやく生活できる程度の利益も出せそうな状況にはもっていけそうですが、まだまだ油断はできません。
 そんな感じで所得に関していえば頑張っても所得はまだまだ上がってはいきません。貯金もここ2、3年で数百万円がなくなりました。もちろん、資材代や種苗代、ハウス建設費等々、借入したとしても借入額以上になんだかんだ経費がかかっていますから、その分とさらに生活費を稼がねばなりません。上記2番の「自分に合った働き方」なんて出来るわけがないのです。
 また、栽培している作物に予定を合わせなければなりません。たとえば私はパプリカを栽培していますが、4月から12月までの栽培期間中、実際のところ休日なんてとれません。ハウスの開閉や管理・収穫と、やることは見つければたくさんあります。
 所得も確保しなくてはなりませんから、安定するまでは自分の農業の仕事の他にも、アルバイトをしたりして少しでも働かないと生活できません。寝る暇なんてないような状態です。
 なので、都会の生活に疲れたから田舎でのんびり農業をして暮らす、リタイヤ後は田舎でのんびり農業をして暮らす、なんて聞いたりすることもあるかとは思いますが、それこそ理想と現実にはギャップがあるというものです。
 貯金が死ぬまで尽きない程あるか、暇つぶしくらいにやるなど、農業を生活の基盤にしないのであれば、選択肢に十分入るのではないでしょうか。結局は財政状況と相談ですね。

 上記3番の「最終責任が曖昧にならない」に関しては割と合っているというか、自分次第ですからね。ただ、雨が降らないとか、北国なのに気温40度超えとか、それこそ天気次第というところも多少なりともありますので、一概には言えませんが、自分で一生懸命やってどうにもならなければ諦めがつきますし、わかりやすいですよね。
 これから農業で生計を立てて生活していきたい方は是非ともその点を踏まえた上で、チャレンジしていただきたいと思っています。農業をやりたいけど、不安だし就農者の生の声が聴きたいという話も聞いたりしますが、これが生の声です。

 どんな仕事も必死にやらなければ生きてはいけませんし、ましてや新しい業界であったり、独立するとなれば尚更です。わたしは農業をするのも初めてですし、独立となれば不安等もたくさんありました。
 「今までやったことのない業界に大変な思いをしてまで何でやりたいのか?」
 と、よく近所の先輩農家さん方からも言われました。サラリーマン時代は不自由しない程度の所得もありましたし「ラクそうだから農業やり始めたのか。」なんてことも言われることもありました。
 理想だけを語る新規就農者でしたので当然でしょうけれども、一番はやはり「楽しそう」だからです。所得も当然一時的には少なくなるかもしれません。仕事だってうまくいかずに毎日大変かもしれません。それでも、現状以上のものを得られるかもしれないのであればやってみたいと思っています。
 理想は高くもっと上を目指したいと思いながらなんとかやっている状況です。現実はまだ大変ですが、毎日楽しく頑張って生きています。

山菜部会の豊洲市場視察研修会に参加してきました
山菜部会の豊洲市場視察研修会に参加してきました

画像


発信者/農林大学校

問合せ先/TEL:0233-22-8794 FAX:0233-23-7537

更新日/2019年 10月 31日

関連情報

9月30日
新規就農奮闘記8〔常田賢さん〕【農林大学校】
8月30日
新規就農奮闘記7 〔常田賢さん〕【農林大学校】
7月31日
新規就農奮闘記6 〔常田友夏子さん〕【農林大学校】
6月28日
新規就農奮闘記5 〔常田賢さん〕【農林大学校】
5月30日
新規就農奮闘記4 〔常田賢さん〕【農林大学校】

ページの先頭へ