こんにちは、ゲストさん

ホーム >最上 >稲作情報 >


もがみ稲作だより第10号「登熟編」

収量と玄米品質を高めるため、早期落水は絶対に行わず、出穂 30 日程度までは土壌水分に留意しましょう。
全般的に総籾数がやや多い傾向にあります。
しっかり登熟させるためにも、例年より遅くまで水を切らさないように努めましょう。
また、圃場をよく観察し、青籾歩合、籾水分等を総合的に判断し、適期刈取を実践しましょう。

もがみ稲作だより第10号「登熟編」(pdf:162kb)


更新日/2019年 8月 23日

関連情報

7月10日
稲作だより第9号「穂肥編」【最上普及課】
6月23日
稲作だより第8号「中干し・生育調節編」【最上普及課】
6月11日
稲作だより第7号「本田管理編」【最上普及課】
5月27日
稲作だより第6号「田干し編」【最上普及課】
5月19日
稲作だより第5号「本田初期水管理編」【最上普及課】

ページの先頭へ