こんにちは、ゲストさん

ホーム >最上 >稲作情報 >


最上稲作だより第9号「病害虫防除編」

7月19日現在、全般的に草丈が平年並からやや短く、茎数・葉色は概ね平年並です。
出穂期は平年並からやや遅れる見込みですが、一部の地域や品種では早まる傾向があります。
7月11日に斑点米カメムシ類の注意報が発表され、イネ科雑草が繁茂している畦畔等で生息密度が高いところがみられます。
葉いもちも確認されています。
薬剤の種類や散布時期等を改めて確認し、効果的な病害虫防除を徹底しましょう。

最上稲作だより第9号「病害虫防除編」(pdf:185kb)


更新日/2019年 7月 26日

関連情報

7月10日
稲作だより第9号「穂肥編」【最上普及課】
6月23日
稲作だより第8号「中干し・生育調節編」【最上普及課】
6月11日
稲作だより第7号「本田管理編」【最上普及課】
5月27日
稲作だより第6号「田干し編」【最上普及課】
5月19日
稲作だより第5号「本田初期水管理編」【最上普及課】

ページの先頭へ