こんにちは、ゲストさん

ホーム >最上 >稲作情報 >


最上稲作だより第8号「穂肥編」

現在の生育から、出穂時期は平年並から2日程度の遅れと予想されます。
葉色が濃い圃場もみられます。稲をよく観察し、生育診断を行ったうえで、適期に適量の穂肥を実施しましょう!
なお、7月に入り低温で経過しています。今後の気象情報に留意ください。

最上稲作だより第8号「穂肥編」(pdf:154kb)


更新日/2019年 7月 10日

関連情報

7月8日
最上つや姫・雪若丸だより【最上普及課】
7月4日
稲作だより中干し・生育調節号【最上普及課】
6月21日
最上稲作だより第7号中干し・生育調節編【最上普及課】
6月17日
稲作だより第6.5号「病害虫雑草対策編」【最上普及課】
6月11日
最上稲作だより第6号「本田管理編」【最上普及課】

ページの先頭へ