こんにちは、ゲストさん

ホーム >東南村山 >稲作情報 >


おいしい米づくり情報第1号(播種準備編)を発行しました!

平成31年の米づくりが始まります!春作業は計画的に進めましょう!

〇異品種の混入に注意しましょう。また、種子は100%更新しましょう。
〇育苗日数が30日を越えると苗が老化しやすくなります。移植時期に最適な苗を植えられるように、計画的に播種しましょう。
〇充実した種子を選別するために、塩水選を行いましょう。
  うるち 水10リットルに対して塩2.1キロ
  もち  水10リットルに対して塩1.3キロ
〇種子消毒液はラベルをよく見て、使い方をしっかり確認しましょう。
〇浸種は10~15度の間で行いましょう。特に浸種開始時は水温が適正になるように管理することが重要です。
〇耕深は15cmを確保して、根張りを良くしましょう。
〇堆肥や土づくり肥料をしっかり施用しましょう。

PDF


発信者/村山総合支庁農業技術普及課

更新日/2019年 3月 13日

関連情報

5月17日
雪若丸栽培情報(生育確保編)を発行しました!【村山普及課】
5月10日
おいしい米づくり情報 第4号を発行しました(移植編)【村山普及課】
4月26日
おいしい米づくり情報号外(GW育苗管理編)を発行しました!【村山普及課】
4月22日
おいしい米づくり情報第3号(育苗後期編)を発行しました!【村山普及課】
4月5日
おいしい米づくり情報第2号(播種~育苗編)を発行しました。【村山普及課】

ページの先頭へ