こんにちは、ゲストさん

ホーム >新規就農情報 >就農ワンポイントアドバイス >


就農のためのワンポイントアドバイス【就農計画その3 支出(経費)の見積もり】

就農のためのワンポイントアドバイス(1月)

 「就農計画その3 支出(経費)の見積もり」

 今回は、就農計画の3回目として、「支出(経費)の見積もり」がテーマです。
 これまで、就農計画には、就農の動機や目的、経営ビジョン等はもちろんですが、最低5年間の収支計画を取りまとめることが必要となると説明いたしました。
 収支計画の収支とは、個人経営の場合、「収入(売上)-支出(経費)=所得」のことを言います。つまり、収支計画とは、5年間の所得の計画になります。今回は、収支計画の「支出(経費)」の見積もりについて説明します。

1 支出(経費)の見積もりの方法
(1)支出(経費)の種類
 就農後は前年1月から12月までの収支決算を3月15日までに所得税の申告が必要になります。就農後の決算書がどのようになるのか、それをイメージします。どのような経費が必要になるのか、まずは自分で考えてみましょう。
 経費の種類やその内容は、下記の国税庁ホームページに様式や収支内訳書の書き方が掲載されていますので参考にしてください。

(参考)国税庁ホームページ
 ○農業所得用青色申告決算書様式
 http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/yoshiki/01/shinkokusho/pdf/h28/11.pdf
 ○平成30年分収支内訳書(農業所得用)の書き方
 http://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/tebiki/2018/pdf/014.pdf

2 支出(経費)の見積もりの留意点
(1)地域の実情と比べましょう
 あなたが作成した収支計画を研修先や先進農業者の方に見てもらいましょう。自分では気づかなかった経費を教えてもらうこともあります。

(2)支出であっても経費とならないもの
 お金は支出したけども経費とならないものがあります。代表的なものは家計費です。そのほか、農業に関する借入金の元金部分も経費ではありません(利息部分は、利子割引料の経費です)。
 また、高額な農業機械等はそのまま経費とするのではなく減価償却費として、その年の経費部分が経費に計上されます。

3 所得はいくらですか
 所得の計算式は、収入(売上)-支出(経費)=所得です。この所得から生活費をねん出することになります。就農1年目から満足できる所得を得ることは難しいかもしれません。就農5年後に満足できる所得を目指して、就農計画を見直してください。

4 困ったら相談してください
 本県には、8つの農業技術普及課が設置されています。農業技術普及課は県の機関で、農業の専門技術者(普及指導員)が配属されています。地域の状況を踏まえたアドバイスを受けることができます。具体的な相談先は、9月号に記載した下記の関連URLをご覧になってください。

【関連URL】
就農のためのワンポイントアドバイス【相談窓口】http://agrin.jp/page/25647/




問合せ先/TEL:023-622-8794 FAX:023-622-7537

更新日/2019年 1月 31日

関連情報

7月31日
就農のためのワンポイントアドバイス【農地について】【農林大学校】
6月28日
就農のためのワンポイントアドバイス【資金について】【農林大学校】
5月30日
就農のためのワンポイントアドバイス【新規就農の形態と課題】【農林大学校】
4月26日
就農のためのワンポイントアドバイス【新規就農者の動向について】【農林大学校】
3月29日
就農のためのワンポイントアドバイス【PDCAサイクルを回そう】【農林大学校】

ページの先頭へ