こんにちは、ゲストさん

ホーム >新規就農情報 >先輩の体験談 >新規就農者からのアドバイス >


新規就農奮闘記8 〔我妻飛鳥さん〕

「なーんにもない!」

 主人の話と交互に掲載していただいているので、話は重複してしまうかもしれませんが、今回は強烈なインパクトを受けた就農直後の資金面での苦悩、それから受けていた新規就農支援制度について具体的に書きたいと思います。

 独立就農する前の年まで主人は私の実家の農家を手伝い、給与は月給制でもらっていました。
 その後、夫婦で当時の青年就農給付金(現在は農業次世代人材投資資金となっている)を受けさせてもらい新規就農したわけですが、そこからの生活は状況が一変。
 給料ゼロだから、毎月の生活費もかからない♪
 ・・・なんてことはなく、毎月かかる生活費。家計をやりくりしている私としては、あっという間に減っていく預金口座の数字に恐怖心を抱えながらも、農業の必要経費もどんどんとかさんでいく衝撃は大きいものでした。
 小屋はもちろん農具も農業資材もなにもないゼロからのスタート、結構何から何までお金がかかります。
 青年就農給付金の申請をしてから実際に一部の金額を手元にいただけるのは6月。そこからまた農作物が売れるまではゼロ収入。青年就農給付金は当時の私たちにとって大変ありがたいものでしたが(なかったら今まで存続不可でしたね・・・)、受けていても本当に資金繰りは大変でした。

 青年就農給付金も45歳未満や就農計画基準に適合しているかなど様々な要件がありましたが、今こういった制度を受給するのは以前よりも難しくなっている気がします。
 就農希望で話を聞きに行ったけど、本当に農業を続けていけるか?経営を軌道に乗せる自信があるかなど厳しく問われ断念してしまったという知人も何人かいました。
 この制度は実際に就農した私たちも本当に助けられた制度なので、ぜひ今後もより多くの方の手助けとなるよう、行政の方には未知の世界に対する恐れを煽るよりも就農計画の立て方や心構え等を丁寧に指導し、より多くの方がしっかりとした覚悟を持って農業を踏み出せるように導いでほしいと思います。

 話はもどりますが。
 前年度の所得に応じてその年の国民健康保険税は異なってくるかと思いますが、収入がない就農直後の家計にとって、毎月支払わなければならない月々の国民健康保険料も大きな出費の一つ。そして夫婦で二人とも国民年金となったら、月々の年金保険料だけで三万円越え・・これまた大きい出費となっていました。
 それまでは会社員として私自身も社会保険で子供たちを扶養にできていたし、厚生年金に加入し、給料から差し引かれていたので特にそう感じたのかも・・・。
 無収入期間に毎月払う、こういったお金はかなり家計への負担が大きいものでした。
 そして、農作物の収穫時期、野菜を売って収入が入ってもそれまでに購入した必要経費の代金支払い等であっという間に羽ばたいていく。
 溜まるのは不安とストレスばかりで、手元に残るものはほとんどない、本当にそれが現実でした。

 出産、就農してから育児、家事に農作業。
 どれもエンドレスに毎日終わらないものばかり。
 時間がない!余裕がない!休みがない!お金もない!!
 なーんにもないじゃないかー!!(心の叫び)

 精一杯仕事をしてくたくた、でも、家に帰ったら当たり前のように出されたご飯食べてお風呂入ったらすぐ寝むれる。お父さんはそうできるかもしれませんが・・・
 お母さんである女性はなかなかそうはいかない。
 仕事してくたくたなまま保育園にお迎え行って帰ってからが忙しい。授乳してご飯出して片付けて洗濯に掃除にお風呂に寝かしつけetc・・○×※▽◆!!
 家計も必死で切り詰めてピリピリ。
 就農直後は、こういう水面下での家の中での大変さが理解してもらえず(それが一番ツライ)、夜中の授乳で寝不足のままだろうが、ご飯食べる時間もなかろうが、私は農作業のダメだしばかりで怒られていたので (根に持ちすぎ・・?(笑))、気の休まる余裕も、休まる場所も、休まる時間もない。本当に、なーーーーんにもない!!!(心の叫び)

 おかげで、農業に苦手意識を持って農業界に飛び込んだ私、ますます農業なんて大嫌いだ――――!!と心底感じていました。
 当時のブログも面白いほど愚痴ばかり(笑)。

 でも、この時一年目のどん底で失うものはあとなんにもない!という経験をしてからは、神経もだいぶ図太く鍛えられました。(笑)
 その後は経過年数と共に自分の農業経験も増えていき、子供たちも成長するにつれて自分でできることも増えてきて、毎年「去年よりきつくない!」と思えるようになったし、多少ツライ事があっても「一年目よりはるかにマシ!」と思えば大抵のことは乗り切れるようになりました。
 あんなに大嫌いだった虫とも今はお友達に!・・・は、さすがになれていませんが、だいぶ免疫はついてきて無心に作業をこなせています(笑)
 未熟者なりにも毎年少しずつ経験を重ねることで、前よりも心の準備や覚悟を持って農繁期に挑める。これだけでもすごく心構えが違うと思います。

 離乳食時期を駆け抜けて今は子供たちも野菜が大好き。うちの野菜だとなおさら美味しいー!と喜んで食べてくれるので作り甲斐もあります。
 さらに、休みの日は部分的にだけれど一緒に種まきしたり、収穫したりすることで、子供たちはさらに美味しく感じるようで、「これ、私が植えた(とった)んだよね!?」などといいながら、会話も弾むことが多くなりました。

 こういう事が農家としての楽しみというか充実感なんだなと、私も感じることも増えてきて、就農5年目。
 なんと! 今では私も農業って楽しいなって思えていますよ~!!


一緒に種まきする様子
一緒に種まきする様子

畑で育つ野生児です
畑で育つ野生児です


問合せ先/TEL:0233-22-8794 FAX:0233-23-7537

更新日/2018年 9月 28日

関連情報

12月25日
新規就農奮闘記11 〔岡部優子さん〕【農林大学校】
11月30日
新規就農奮闘記10 〔岡部洋介さん〕【農林大学校】
10月29日
新規就農奮闘記9 〔岡部優子さん〕【農林大学校】
9月30日
新規就農奮闘記8 〔岡部洋介さん〕【農林大学校】
8月28日
新規就農奮闘記7 〔岡部優子さん〕【農林大学校】

ページの先頭へ