こんにちは、ゲストさん

ホーム >新規就農情報 >先輩の体験談 >新規就農者からのアドバイス >


新規就農奮闘記6 〔我妻飛鳥さん〕

「産後ドタバタ」

 4月に夫婦で就農した私たち。そして出産したのは4月2日でした。
 就農したものの、出産入院中の私自身はたいしてその実感もなく、主人から今日はどんな作業をしたとか、何の種を撒いた、定植したとか話をさらっと聞くくらいでした。

 しかし、新しい世界に飛び込んだ不安と心配が拭えず、自分の出来ることはしなければという思いは強くあり、農作業自体はできないものの、今の自分には何ができるかを常々考えていて、産後も育児の合間をぬってホームページ作成やSNSの勉強をしてレシピや畑の情報を更新して一般の生活者の方にまず農業を知ってもらい、生産者を身近に感じてもらえるように努めていました。
 手探りではありましたが、それが後に仕事の依頼やネットワーク作りにつながった部分もあったので、無駄な努力ではなかったように思います。

 6月も中旬になってくると農作業も主人だけでは手が回らず、私も少しずつ畑で作業もするようになりました。収穫期になると少しずつこなす農作業も増え、産後2ヵ月経った頃に保育園の入園が決まると、本格的に畑仕事をこなすようになりました。
 それまでは祖母に交代で頼んだり、日中のお昼寝の合間などで寝ているかな・・・泣いているかな・・・と心配しながらそわそわ作業していたので、保育園に預けることができたのは本当にありがたかったです。

 ですが、私にとって就農1年目は未経験の事だらけの農業生活。
 心の準備も覚悟も出来ていないまま迎えた果菜類の収穫期。
 実りだしたら採っても採っても終わらないエンドレス収穫の毎日にビックリ---------!!
 おまけに選別や箱詰めも若葉マークの私。カンも経験も全くない為、時間がかかって次の収穫まで終わらずにどんどん貯まっていく恐ろしさ・・・正直、地獄かと思いました。

 仕事はきりなくどっさり溜まっていくのに、朝子供たちを学校に送り出し、保育園に預けてから夕方のお迎えまでの時間しか作業できない。農家にとって作業しやすいゴールデンタイムが使えない・・・その穴埋めをどうするか。
 と、なると昼休み返上して作業。そして子供を寝かしつけた後に作業。
 しかし、朝や夕方も主人は仕事をしている分、家事育児は私一人でしなければならないので、授乳して上の子のご飯やお風呂、主人の帰宅時間に合わせてご飯出しなど、こちらもやることをあげたら本当にキリがなく、帰宅したらしたでそちらも戦場(のような感じ)で常に時間に追われる状態でした。
 1日24時間じゃとても足りない・・・と思っていました。
 とりあえず子供を寝せてから、再び小屋や家でできる範囲の選別や箱詰め作業。
 夜中までかかってやっとひと段落、という頃に、おなかがすいて泣きだす赤ちゃん。
 (天使のように可愛いのに)その時は正直、鬼かと思いました。
 嗚呼・・・今日も寝かせてはくれないのね・・・と。
 寝かしつけている時間がないので、おんぶしながら収穫や夜中の作業をすることも多々ありました。
 そのくらい、本当に時間も心も余裕がなくて、実際は私が鬼のような形相をしていたのだろうと思います。
 主人は主人で畑で必死だったでしょうから、お互い必死。
 お互い目先のやることに追われて他に頼りどころがなく、かなりピリピリ。
 農業は明るく楽しく!美味しい野菜でみんなにも笑顔になってもらいたい!農業から笑顔を伝えたい!という思いの野菜農園 笑伝ですが、1年目は私たちの笑顔が消えていました。

 そして、最近腰が痛いなーと思っていたある日、急に腰痛が悪化して動けなくなり、普通には立ち上がれなくなりました。その痛みというか、力の入らない感じというか、主人には伝わらなくて・・・
 なんでこの忙しいときに!と、言われた時には涙が出ました。
 ただでさえ人手不足の時に労力が減ったら困るのはわかりますが、私も好きで動かないんじゃない。心配より落胆されたのはショックで、本当の鬼はこいつか!!と、私は行き場のない怒りと憎しみでいっぱい。
 その感情は私のオーラからものすごくにじみ出ていたらしく
 「俺、嫁にいつ背後から刺されるかわからないな・・・」と度々言っていたほどです。(笑)

 1年目は本当にそんなこんなのドタバタ生活で、精神面・資金面でもなんとかかんとかどうにか生き抜いた感の方が強くあります。
 そして、世の中は苦労と成果が決して比例するわけではないことも学びました。
 それまで私は労働対価の会社員勤めだったわけですが、就農1年目、あれだけの苦労と努力をして手元に残るものがほとんどないという現実に直面し、農業(経営)の厳しさを知りました。会社員と経営側の違いを学ぶこともできました。
 毎年学びがあり農業は奥深いと感じますが、最初の年は特に学びの年だったと思います。

 どの職種でもそうだと思いますが、経験は最大の宝だと感じます。
 他の仕事や会社でもよくベテランパートさんに助けられているという話を聞きますが、農業でも同じで、経験を積んで手に入れた“カン”や“感覚”は財産だと思います。
 そして、そういうものを手に入れるために努力した期間の苦労や学び・経験が、自分の力や自信になっていくのではないかと今になれば思えます。
 昔の人が「若いうちの苦労は買ってでもしろ」といっていたのは何となく納得できるようになった今日この頃です。


両立も大変だけれど、子供たちの為に頑張れる!
両立も大変だけれど、子供たちの為に頑張れる!


問合せ先/TEL:0233-22-8794 FAX:0233-23-7537

更新日/2018年 7月 31日

関連情報

1月29日
新規就農奮闘記12 〔岡部洋介さん〕【農林大学校】
12月25日
新規就農奮闘記11 〔岡部優子さん〕【農林大学校】
11月30日
新規就農奮闘記10 〔岡部洋介さん〕【農林大学校】
10月29日
新規就農奮闘記9 〔岡部優子さん〕【農林大学校】
9月30日
新規就農奮闘記8 〔岡部洋介さん〕【農林大学校】

ページの先頭へ