こんにちは、ゲストさん

ホーム >気象災害対策 >


高温・少雨に関する農作物等の技術対策について

県内は5月下旬から少雨で、6月下旬から高温で経過しています。東北南部の梅雨明けは7月14日ごろと平年より11日早く、週間天気予報では、県内は晴天日
が続き、降水確率も低い予報となっており、また、7月17日に仙台管区気象台発表の「高温に関する異常天候早期警戒情報」によれば、「7月22日頃からの約1週
間はかなりの高温」が見込まれています。
つきましては、下記の対策を参考にして、農作物等について適切な管理を行うようにお願いします。

高温・少雨に関する農作物等の技術対策について


問合せ先/023-630-2444

更新日/2018年 7月 17日

関連情報

8月10日
台風第14号の接近に伴う農作物等の技術対策について【農技環境課】
8月7日
台風第13号の接近に伴う農作物等の技術対策について【農技環境課】
8月6日
農作物の大雨・浸冠水等に関する技術対策について(第1報)【農技環境課】
7月26日
台風第12号の接近に伴う農作物等の技術対策について【農技環境課】
7月23日
高温・少雨に関する農作物等の技術対策について(第2報)【農技環境課】

ページの先頭へ