こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


みんなで6次産業化、東根生まれのドレッシング商品化へ

平成30年2月22日、果樹王国ひがしね6次産業化推進協議会(会長 土田正剛市長、会員226名)が主催する「東根産野菜を使ったイタリア料理試食会」で、東根市内で生産された野菜を原料としたドレッシング2品が、お披露目となりました。
 このドレッシングは、JAの野菜栽培研修施設で研修生が栽培した野菜を原料に、市内のイタリア料理店のシェフがレシピを考案し、市内の農産加工実践者が製造した“オール東根”で完成させた6次産業化の商品です。
商品の開発にあたっては、生産した研修生の思いを届けるため、シェフと農産加工実践者が協力し、原料となる玉ねぎや人参の自然な甘みと春菊やアレッタ(茎ブロッコリーの一種)の爽やかな風味が感じられるよう、野菜の組合せや分量、加工方法を探る試作を繰り返してきました。
生産者、加工実践者による試食会では「野菜の美味しさがとても引き立つ」等の意見が多く評価は上々で、6次産業化で東根市の農業を盛り立てていく取組みへの期待が大きく膨らみました。完成したドレッシングは、平成30年3月上旬から、東根市役所近くの文化施設「まなびあテラス」内のカフェ等で販売が始まり、市内の直売所でも販売される予定です。
当課では、今回の取組みに、野菜の栽培技術から加工技術の指導まで、総合的に支援を行い商品化を後押ししてきており、今後も地域農産物の魅力アップをめざし、農業と他産業が連携した6次産業化を推進していきます。



商品化された2種類のドレッシング
商品化された2種類のドレッシング

ドレッシングを使用した料理の試食
ドレッシングを使用した料理の試食


発信者/村山総合支庁北村山農業技術普及課 那須嘉寛

問合せ先/0237-47-8631

更新日/2018年 3月 12日

関連情報

3月12日
農業情報3月号の記事を掲載しました!【農技環境課】
3月12日
啓翁桜」新規生産者の出荷がスタート【酒田普及課】
3月12日
次世代型施設を利用したトマトの周年栽培実証に着手【園芸試験場】
3月12日
こだわり食品フェア2018で新商品PR【農研センター】
3月12日
りんご「ふじ」優良着色系統普及に向けた取り組み【西村山普及課】

ページの先頭へ