こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


平成29年度村山野菜づくり研修会の開催

 平成30年2月9日、村山総合支庁西村山地域振興局講堂において「平成29年度村山野菜づくり研修会」を開催しました。
 本研修会は、野菜産地の活性化と営農の向上を図ることを目的に、村山総合支庁の各農業技術普及課と産地研究室で連携して企画し、近年、野菜栽培において注目されている土壌微生物についての講演と、野菜関係の産地の事例や新たな技術、品種の紹介を行いました。
 研修会には、新規就農者やすいか、えだまめ、なすなどを栽培しているベテラン生産者など、約100名が参加し、はじめに、片倉コープアグリ株式会社 技術顧問 野口勝憲氏を講師に迎え、土壌微生物の分類や働き、作物に対する影響等、土壌微生物に関する講演が行われました。
 引き続き、各農業技術普及課より、大規模ハウス団地におけるセルリー産地の取組みの紹介や、えだまめ栽培における緑肥の効果、なす栽培における基肥の一発施肥、すいか栽培におけるかん水効果の紹介を行い、産地研究室からは、食用ぎくの新品種「菊名月」の栽培方法の紹介を行いました。
 講演後、参加者から、センチュウ対策等についての質問があったほか、各課より説明した緑肥や基肥一発施肥についても質問が多数寄せられるなど、参加者の関心の高さがうかがえました。
 今後も、村山地域の野菜産地振興のため、土づくりを推進するとともに新たな技術等を情報提供していきます。


講演を熱心に聞く参加者
講演を熱心に聞く参加者

ポスター展示による技術紹介
ポスター展示による技術紹介


発信者/村山総合支庁農業技術普及課 鈴木実幸

問合せ先/023-621-8291

更新日/2018年 3月 12日

関連情報

3月12日
農業情報3月号の記事を掲載しました!【農技環境課】
3月12日
啓翁桜」新規生産者の出荷がスタート【酒田普及課】
3月12日
次世代型施設を利用したトマトの周年栽培実証に着手【園芸試験場】
3月12日
こだわり食品フェア2018で新商品PR【農研センター】
3月12日
みんなで6次産業化、東根生まれのドレッシング商品化へ【北村山普及課】

ページの先頭へ