こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


こだわり食品フェア2018で新商品PR

平成30年2月14日から16日まで、千葉県幕張メッセを会場に開催された「こだわり食品フェア2018」に、農業総合研究センター食品加工開発部と工業技術センター食品醸造技術部が連携した「食品加工支援チーム」が開発に関わった商品を出展し、PR活動を行いました。
このフェアはバイヤー、製造者、食品関係業者等を対象に、全国各地の個性豊かな地域食品や、素材・製法にこだわる食品を一堂に集めて紹介するものです。スーパーマーケット・トレードショーなど他の食品関係のイベントも同時開催され、3日間で約88,000人の来場者がありました。
当支援チームが設置したブースには、県産大豆を使った豆乳飲料や、野菜や山菜、果実を使った麺や菓子、レトルト食品など、県内食品製造業者6社が開発した10点の商品を出展しました。
出展した各社の担当者は、来場者に新商品を試食してもらいながら、リーフレットやFCPシート※を使って、熱心にアピールしていました。
出展した各社の担当者からは「バイヤー等の意見をダイレクトに聞くことが出来て参考になった」「量販店などの販売先だけでなく、飲食店のメニューや別加工品の原料としてのニーズなど販路に広がりを感じた」などの意見が出されました。
当支援チームでは、事前に今回のフェアへ参加するためのブース企画や出展各社のFCPシート作成支援など、一連の出展支援を行ってきました。今後も、フェアの結果を踏まえて、開発した商品が段階的に販路拡大できるよう、高品質な商品をニーズに応じて量産できる体制や衛生管理などについても継続的な支援を行っていきます。

※FCPシート:出展者が伝えたい情報とバイヤーが知りたい情報を1枚にまとめ、効率的に商談を進めることを目的とした商談用のシート


新商品を積極的にアピール
新商品を積極的にアピール

来場者の意見を聞く出展者
来場者の意見を聞く出展者


発信者/農業総合研究センター食品加工開発部 髙橋みどり

問合せ先/023-647-3500

更新日/2018年 3月 12日

関連情報

3月12日
農業情報3月号の記事を掲載しました!【農技環境課】
3月12日
啓翁桜」新規生産者の出荷がスタート【酒田普及課】
3月12日
次世代型施設を利用したトマトの周年栽培実証に着手【園芸試験場】
3月12日
みんなで6次産業化、東根生まれのドレッシング商品化へ【北村山普及課】
3月12日
りんご「ふじ」優良着色系統普及に向けた取り組み【西村山普及課】

ページの先頭へ