こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


「2018米づくりフォーラムin庄内」を開催

米の新品種は各県から毎年のように発売され、その価格形成にはブランド化が優先されるなど、産地間や品種間の競争が激化しています。一方、「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことを契機に国際的な「日本食ブーム」が起こるなど、ビジネスチャンスが広がっています。
こうした流れを、水田農業経営の発展に繋げようと、「勝ち残れる米産地を目指して」をテーマに、平成30年1月16日、三川町で「2018米づくりフォーラムin庄内」を開催しました。フォーラムは「オールやまがた米づくり日本一運動庄内地域本部」(本部長:庄内総合支庁産業経済部長)等が主催し、農業者、関係機関担当者等約200名が参加し、米の国内外の需要を見据えた生産・販売の方向性や、本県が開発した新品種「雪若丸」の特性を活かす栽培技術について学びました。
 講師の株式会社山田屋本店代表取締役社長秋沢淳雄氏からは、国内の米市場が縮小する中、「雪若丸」が「つや姫」に続くブランド米として定着するには、「おいしいお米」という価値観を生産者と消費者が共有する必要があること、「つや姫」など粘りの強い米とは違ったマーケットの中で、ターゲットを絞り込んで、断トツのシェアを狙うべきであること、外国マーケットも視野に入れるべきであること等のお話しをいただきました。さらに、「雪若丸」の特性を活かした栽培を行うには、県が作成する栽培マニュアルを基本に、生産者がそれぞれのほ場に合わせたきめ細かな管理を行う必要があることを指摘いただきました。
参加者からは、「販売を伸ばす戦略の重要性を改めて感じた」、「品種と土壌のマッチングの重要さ、基本の大切さが理解できた」との声も聞かれ、それぞれ意気込みを新たにしていた様子でした。また、休憩時間に行った「雪若丸」の試食では、参加者それぞれが、しっかりとした食感を確かめ、平成30年からの栽培に期待を膨らませていました。
 当課では、「つや姫」の良食味生産指導を継続するとともに、平成30年度に本格デビューする「雪若丸」についても、ブランドの確立に向けて指導を徹底してまいります。


山田屋本店 秋沢社長の講演に聞き入る参加者
山田屋本店 秋沢社長の講演に聞き入る参加者

「雪若丸」の巻きずしを試食する参加者
「雪若丸」の巻きずしを試食する参加者


発信者/庄内総合支庁産業経済部農業技術普及課 伊藤 政憲

問合せ先/0235-64-2103

更新日/2018年 2月 13日

関連情報

3月12日
農業情報3月号の記事を掲載しました!【農技環境課】
3月12日
啓翁桜」新規生産者の出荷がスタート【酒田普及課】
3月12日
次世代型施設を利用したトマトの周年栽培実証に着手【園芸試験場】
3月12日
こだわり食品フェア2018で新商品PR【農研センター】
3月12日
みんなで6次産業化、東根生まれのドレッシング商品化へ【北村山普及課】

ページの先頭へ