こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


大学校でGAP(農業生産工程管理)の認証取得

農林大学校では、国際水準の農業生産工程管理手法を習得するため、授業の中でGAPに取組んでおり、平成29年12月12日に、日本GAP協会が運営する「ASIAGAP ver.1」の認証を取得しました。
 対象品目は米(籾、玄米)で、稲作経営学科の実習現場である施設(育苗舎、ライスセンター、機械庫等)や圃場において、食品としての安全性、周辺環境の保全、作業の安全性の確保等の管理すべき点について基準に適合するよう、異物混入防止カバーを設置し、ルールを明文化して掲示するなど、ハード、ソフト両面から改善を図ってきました。
 認証取得にあたっては、学生が授業の一環として取組み、コンサルタントの指導を受け、GAPの取組みのポイントをよく理解することができました。また、コンサルティングの一部は、県内の農業系高校や農業者等にも公開し、GAPの意義や認証作業のプロセスを体感してもらうことができました。
農林大学校では、今後もGAPの取組みを通して、学生のスキルアップとGAPの普及を進めていきます。


学生の授業の一環でコンサルティングを受ける
学生の授業の一環でコンサルティングを受ける

公開したコンサルティング(ライスセンター)
公開したコンサルティング(ライスセンター)


発信者/山形県立農林大学校 齋藤晴澄

問合せ先/0233-22-1527

更新日/2018年 1月 16日

関連情報

3月12日
農業情報3月号の記事を掲載しました!【農技環境課】
3月12日
啓翁桜」新規生産者の出荷がスタート【酒田普及課】
3月12日
次世代型施設を利用したトマトの周年栽培実証に着手【園芸試験場】
3月12日
こだわり食品フェア2018で新商品PR【農研センター】
3月12日
みんなで6次産業化、東根生まれのドレッシング商品化へ【北村山普及課】

ページの先頭へ