こんにちは、ゲストさん

ホーム >新規就農情報 >就農のお手伝い >市町村の支援事業 >


白鷹町の「白鷹町新規就農者育成支援事業」

【白鷹町の概要】
 白鷹町は山形県の南部、置賜地方にある町です。町の中央を南北に最上川が流れ、東部は白鷹丘陵、西部は朝日山系に囲まれる自然豊かな地域です。
 春は桜、夏は紅花、秋は鮎、冬は蕎麦など四季折々の楽しみが白鷹町にはあります。
 主力のミニトマトをはじめ、キャベツ、きゅうり、リンゴ、えだまめなど、四季を通じて数十種類の野菜を生産します。又、生乳生産量が県内一であり、酪農も盛んです。花卉では、啓翁桜が県内有数の産地であります。

【白鷹町新規就農者育成支援事業】
 白鷹町では新規就農者を対象として、下記の支援制度を実施しております。

○目的
 将来に向けて持続可能な力強い農業を実現するため、新規就農者又は就農に向けて研修等に取組む者の支援を行い、町内における新規就農者の育成と早期定着を図り、農業の活性化と農業振興につなげていくこと。

○支援内容
1、賃貸住宅の賃借料補助
 3年を上限に、年間賃借料の2分の1又は36万円のいずれか低い額を助成する。
2、一戸建て住宅の購入費補助
 一戸建て住宅(中古可)の購入費の2分の1又は80万円のいずれか低い額を助成する。

※採択要件等の詳細については、問い合わせ先までご連絡お願いいたします。

【白鷹町新規就農者受入協議会】
 当協議会は、担い手不足や農業者の高齢化・耕作放棄地の増加など、大変厳しい状況になっている町内の農業を、次世代へつなぎ守っていくために、平成27年10月に設立しました。
 主な活動内容として、町外の新規就農者を確保するため、「新・農業人フェア」への参加をしています。平成28年度の成果として、「新・農業人フェア」への4回参加(東京3回、仙台1回)をし、相談者92名に白鷹町の情報を発信し、延べ20名の短期研修生確保に繋がりました。その内、2名につきましては、今年度より、農業次世代人材投資資金(準備型)や農の雇用事業、当町の支援事業(賃借料補助)を活用しながら、長期研修を実施しています。
 短期研修については、公益財団法人やまがた農業支援センターの農業短期体験プログラムを活用し、申し込みをしていただいております。
 興味のある方は、是非ご連絡お願いいたします。

 問い合わせ先:白鷹町役場 農林課 農業振興係 主事 広川 悠太
 所  在  地:山形県西置賜郡白鷹町大字荒砥甲833番地
 電    話:0238-85-6127(直通)
 F  A  X:0238-85-2128


更新日/2017年 12月 26日

関連情報

12月1日
長井市の「長井市生き生き就農支援事業」【農林大学校】
10月31日
村山市の「いっくど農業ねっづぐプログラム」【農林大学校】
9月29日
大江町の新規就農支援策【農林大学校】
9月1日
河北町の新規就農支援策【農林大学校】
7月28日
山形市の新規就農支援策【農林大学校】

ページの先頭へ