こんにちは、ゲストさん

ホーム >新規就農情報 >就農のお手伝い >市町村の支援事業 >


長井市の「長井市生き生き就農支援事業」

【長井市の概要】
 長井市は、山形の母なる川「最上川」が南北に貫流し、清流置賜白川と野川が最上川に合流し、豊かな水資源が長井盆地を潤す緑豊かな田園都市です。水道水は、天然水で賄い安全安心な子育てがおくれます。
 米を中心とした第1次産業と電気・機械等を中心とした製造業の第2次産業が調和のとれた産業構造となっています。
 中でも農業は、豊富な水資源による美味しい米づくりを中心に高級ブランド牛「米沢牛」の畜産、高品質な伊佐沢すいかさらにはサクランボ、ラ・フランス等を中心とした果樹栽培も盛んで、均衡のとれた農業として発展しています。

【長井市生き生き就農支援事業】
 長井市では、平成29年度より新規就農者への支援施策を充実させ、積極的に新規就農者の育成を行っています。主な支援制度は下記のとおりです。

1 移住支援事業補助金
 本市に移住し、農業次世代人材投資事業(準備型及び経営開始型)又は農の雇用助成事業の支援を受け、農業の研修又は独立就農する者に対し、40万円(夫婦で移住の場合は50万円)を支援します。

2 研修支援補助金
 ① 本市に移住し、農業次世代人材投資事業(準備型)の支援を受け農業研修を受ける者に対し、生活支援として5万円/月を支援します。(最長2年間)
 ② 移住者以外の市民で、農業次世代人材投資事業(準備型)の支援を受け農業研修を受ける者に対し、生活支援として3万円/月を支援します。(最長2年間)
 ③ 農の雇用による研修を受ける者に対し、生活支援として2万円/月を支援します。(最長2年間)

3 機械施設整備補助金
 農業次世代人材投資事業(経営開始型)の支援を受け、独立就農する者が機械施設を導入する場合の経費に対し支援します。
 ① 軽トラック等(貨物車)の導入:3分の1以内補助で上限が30万円
 ② トラクターの導入:2分の1以内補助で上限が50万円
 ③ 管理機の導入:2分の1以内補助で上限が20万円
 ④ 収穫・出荷用等機械の導入:2分の1以内補助で上限が20万円
 ⑤ ハウス施設の導入:2分の1以内補助で上限が30万円
 ⑥ 市長特認事業:2分の1以内補助で上限が20万円(生産施設等で市長が特に必要と認めたもの)

4 農地等賃借支援補助金
 農業次世代人材投資事業(経営開始型)の支援を受け独立している期間内農地を借りた場合、農地賃借料の2分の1以内で上限30万円/年を3年間支援します。

5 家賃支援補助金
 農業次世代人材投資事業(準備型・経営開始型)の支援を受け研修又は独立就農をする場合、若しくは農の雇用事業により研修を受ける者が住居を借りた場合、家賃の2分の1以内で月額3万円を上限とし3年間支援します。

6 研修生受入農家支援補助金
 農業次世代人材投資事業(準備型)の給付対象者の研修を受け入れた農家に対し支援を行ないます。研修生1名を受け入れた場合1万円/月。研修生2名を同時に受け入れた場合1.5万円/月、研修生3名以上を同時に受け入れた場合2万円/月。 

詳しい内容については、下記の長井市のホームページをご覧ください。
あなたの新規就農を支援します(外部リンク)

【長井市農業研修生等受入協議会】
 担い手農家及び新規就農者、農業委員会、JA、行政等が一体となり、新規就農者の確保や育成支援を目的に設立された協議会です。新規就農者を確保するため新・農業人フェア等に参加し、研修生等の募集活動を行うと共に農業体験や研修生の受け入れを行っています。また、研修後の独立時においては、農地の確保に向けた情報提供及び指導等を行いスムーズな独立就農を支援します。

 お問合せ先:長井市産業活力推進課産業活力推進係
 所在地:長井市高野町二丁目3-1 置賜総合支庁西庁舎1階
 電話:0238-87-0826
 FAX:0238-88-5914


発信者/農林大学校研修部

問合せ先/TEL:0233-22-8794

更新日/2017年 12月 1日

関連情報

10月31日
村山市の「いっくど農業ねっづぐプログラム」【農林大学校】
9月29日
大江町の新規就農支援策【農林大学校】
9月1日
河北町の新規就農支援策【農林大学校】
7月28日
山形市の新規就農支援策【農林大学校】
6月29日
平成29年度市町村および県による新規就農者支援事業【担い手支援課】

ページの先頭へ