こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


直売所の魅力発信!「第19回ジョイフル産直~きたむらやま食材訪ね歩き~」

「きたむらやま産直組織ネットワーク」(代表:片桐忠一氏、事務局:当課)では、これまで、産直会員の資質向上と情報発信を図るため、研修会や共同イベントを行ってきました。今回、さらなる販売力強化に向け「第19回ジョイフル産直~きたむらやま食材訪ね歩き~」を平成29年9月21日~10月21日に開催しました。
 期間中は、加盟直売所を巡る「スタンプラリー」や、各直売所オリジナルのイベントを開催したほか、最終日に同ネットワークに加盟する9直売所が一堂に会した「いっせい直売会」を東根市の「よってけポポラ」で開催しました。
 「いっせい直売会」では、各直売所の農産物や加工品の販売のほか、具材全てに地元食材を使った「産直鍋」の振舞いや、会員が栽培したかぼちゃを使った「ハロウィンかぼちゃ作り体験」などを行い、北村山地域の直売所の魅力を発信する機会となりました。
当日は、地元をはじめ、仙台市などからも多くのお客様が訪れ、会員それぞれがお客様と販売を通じて交流を図るとともに、購入したい品目や量、包装形態などについて来場者の声に耳を傾けました。また、会員間でも、贈答用商品への取組み、レシピ提案による販促など、日ごろ取り組んでいる販売技術について情報交換を行いました。
会員からは「お客様に足繁く来店頂くためには、各直売所でさらに地域の特色を出して行かなければならない」「今回の経験を今後の直売活動に役立てたい」という声が聞かれました。
 当課では、消費者ニーズを取り入れた商品開発や新たな販売手法の導入など、直売活動がさらに活性化し、地域農業の発展につながるよう引き続き支援していきます。


ハロウィンかぼちゃ作り体験
ハロウィンかぼちゃ作り体験

来場者で賑わう会場
来場者で賑わう会場


発信者/村山総合支庁北村山農業技術普及課 那須嘉寛

問合せ先/0237-47-8631

更新日/2017年 11月 10日

関連情報

11月10日
農業情報11月号を掲載しました【農技環境課】
11月10日
中玉トマトの秋どり多収栽培技術の開発【園芸試験場】
11月10日
コスト低減に対応した新たなカリウム適正施用基準の策定【農研センター】
11月10日
果実加工品の開発支援の取組み【西村山普及課】
11月10日
たらの芽新品種「春かおり」栽培研修会の開催【最上普及課】

ページの先頭へ