こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


酒田市農林水産まつりで商品をPR販売

平成29年10月22日、酒田市みなと市場駐車場を会場に「酒田市農林水産まつり2017~酒田んめちゃ市~」が開催され、酒田飽海地区農業青年クラブ「酒田アグラー」が生産した農産物等のPRと販売を行いました。
酒田アグラーは同イベントに毎年出店し、価格設定や販売経験を積むとともに、消費者との交流を図っています。
 当日は酒田アグラ―の会員5名が参加し、同会で管理する畑から収穫されたじゃがいもや、会員それぞれが生産したトマト、いも類、新米、もち、レタスやイタリア野菜のカーボロネロなど多種多様な農産物を「軽トラ市」形式で販売しました。また、消費者に、同会の活動や販売する農産物の紹介、馴染みの薄いイタリア野菜の調理方法の説明をするなど、交流も活発に行いました。その成果もあり、商品の多くが早々と午前中に売り切れてしまう盛況ぶりでした。会員からは「あいにくの天気だったものの、多くの方々が自分達の作った農産物を見て、買っていただいて本当に良かった」、「売れ残らないよう値段を安くしたが、今年の相場から考えると少し安くしすぎたかもしれない」という意見も出され、適切な価格設定などの課題も見えた様子でした。
 当課では地域農業の更なる活性化を目指して、今後も農業青年クラブの活動を支援していきます。


販売の様子
販売の様子


発信者/庄内総合支庁産業経済部酒田農業技術普及課 今野悟

問合せ先/0234-22-6521

更新日/2017年 11月 10日

関連情報

11月10日
農業情報11月号を掲載しました【農技環境課】
11月10日
中玉トマトの秋どり多収栽培技術の開発【園芸試験場】
11月10日
コスト低減に対応した新たなカリウム適正施用基準の策定【農研センター】
11月10日
直売所の魅力発信!「第19回ジョイフル産直~きたむらやま食材訪ね歩き~」【北村山普及課】
11月10日
果実加工品の開発支援の取組み【西村山普及課】

ページの先頭へ