こんにちは、ゲストさん

ホーム >新規就農情報 >就農のお手伝い >市町村の支援事業 >


河北町の新規就農支援策

【河北町の概要】
 河北町は、県のほぼ中央に位置しており、東に最上川、南に寒河江川をめぐらし、総面積52.45K㎡のうち全地域の約70%が平野部という恵まれた環境です。その立地条件を活かし、水稲を基幹としながら農業生産を展開しており、果樹、畜産、野菜、花卉等を組み合わせた複合経営が盛んとなっています。近年では、かほくイタリア野菜のブランド化など、新しい産地の形成にも力を入れています。

【新規就農支援策】
 河北町では、新規就農者への支援を積極的に行っております。主な支援事業は下記のとおりです。

1 河北町就農研修生受入協議会事業
 河北町就農研修生受入協議会は、農業後継者の育成や地域農業の活性化を目指し、新規就農者を育てることを目的として、農業者を中心に平成29年2月に設立された協議会です。
 協議会では、河北町内だけでなく、山形県内、さらには県外からも研修生を募集し、研修生の受入・指導から就農後のフォローアップまで一貫して支援することで、新規就農者等の確保・定着を目指します。現在、個人から集落営農法人までの24の農業経営者が参加していますので、水稲、果樹、野菜、花卉など様々な分野を学ぶことが出来ます。

2 河北町青年農業者等支援事業費補助金
 やる気をもって農業に取り組む農業者や意欲ある農業者の団体等が実施する研修、交流及び研究開発等の事業を行う経費に対して、補助対象経費の2分の1以内の額で、個人又は1団体あたり20万円を限度の補助金を交付します。

※詳しい内容については、下記までお問い合わせください。

 お問合せ先:河北町農林振興課農業振興係
 所在地:山形県西村山郡河北町谷地戊81
 電話:0237-73-2112(直通)
 Fax:0237-72-7333


発信者/農林大学校研修部

問合せ先/TEL:0233-22-8794

更新日/2017年 9月 1日

関連情報

6月26日
平成30年度市町村および県による新規就農者支援事業【担い手支援課】
1月31日
遊佐町の新規就農支援制度【農林大学校】
12月26日
白鷹町の「白鷹町新規就農者育成支援事業」【農林大学校】
12月1日
長井市の「長井市生き生き就農支援事業」【農林大学校】
10月31日
村山市の「いっくど農業ねっづぐプログラム」【農林大学校】

ページの先頭へ