こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


直売活動の活性化支援「農産物直売所向け野菜出荷拡大研修会」を開催

置賜地域では「道の駅」等に併設した常設型農産物直売所の新規開業など、直売所の増加が見込まれます。一方、直売所向けに出荷する生産者の高齢化等により、今後、販売品の減少が予想され、特に西置賜地域全体では、野菜を中心に年間を通した販売品の安定確保が課題となっています。
そこで、平成29年7月26日に、沖郷公民館(南陽市)を会場に置賜総合支庁農業技術普及課と合同で「野菜の品揃えが充実した、魅力的な農産物直売所づくり」をテーマに研修会を開催し、直売関係者、生産者など約100名が参加しました。
郡山ブランド野菜のプロデュースや、実需者の需要に応えた魅力的な品種を次々と提案する「直売所の達人」鈴木農場・伊東種苗店代表:鈴木 光一氏(福島県郡山市)を講師に招き、「直売所名人に聞く!~農産物直売所で注目の野菜と品揃え充実~」と題した講演と直売所で人気のある野菜について、展示・紹介をしていただきました。
1つの野菜を、播種時期をずらして長期間出荷する手法や、他直売所との差別化商品の必要性などの具体的な話に熱心に聞き入る姿がみられ、これからの直売活動への関心の高さがうかがえました。
当課では今後とも、品揃えが充実した農産物直売所づくりへの意識向上と取組を促進するよう、関係機関・団体と連携して支援していきます。


熱心に聞き入る参加者
熱心に聞き入る参加者

直売所での人気ある野菜の展示
直売所での人気ある野菜の展示


発信者/置賜総合支庁西置賜農業技術普及課 安藤 惠

問合せ先/0238-88-8216

更新日/2017年 8月 9日

関連情報

12月12日
農業情報12月号を公開しました!【農技環境課】
12月12日
山形県の甘柿の適応性【園芸試験場】
12月12日
新たな米加工利用技術の開発【農研センター】
12月12日
農産加工品の「顧客づくり」を学ぶ研修会を開催【酒田普及課】
12月12日
ストック栽培研修会を開催【西村山普及課】

ページの先頭へ