こんにちは、ゲストさん

ホーム >安全農産物生産 >


第2回国際水準GAP認証取得支援事業の公募について

一般社団法人全国農業改良普及支援協会では、農産物のGLOBAL GAP、JGAP(Advance、Basic)の認証取得を支援する事業に参加する農業者等を公募しています。
詳細は、同協会のホームページをご覧ください。

1 支援対象:農業者個人、農地所有的確法人、農事組合法人、農業協同組合等
2 支援内容:GLOBAL GAP、JGAP(Advance、Basic)の認証審査費用、研修受講費用、残留農薬等の分析・調査費用
3 公募期間:平成29年6月30日(金)~平成29年8月4日(金)
4 応募先:一般社団法人全国農業改良普及支援協会

全国農業改良普及支援協会HP

PRパンフ


発信者/農業技術環境課 安全農産物担当

問合せ先/電話 023-630-2408

更新日/2017年 7月 7日

関連情報

6月28日
「農薬」の使用による「みつばち」の被害を防ぎましょう【農業技術環境課】
4月6日
「農薬」による「みつばち」への危害を防ぎましょう【農技環境課】
3月23日
当面の技術対策(平成30年4月)【農技環境課】
2月21日
融雪遅延及び雪害防止対策、当面の技術対策(平成30年3月)【農技環境課】
8月24日
当面の技術対策(平成29年9月)【農技環境課】

ページの先頭へ