こんにちは、ゲストさん

ホーム >エコエリアやまがた >土壌肥料 >


牛ふん堆肥中のクロピラリドが原因と疑われる園芸作物等の生育障害の発生への対応について

農林水産省から、牛ふん堆肥に含まれるクロピラリドが原因と疑われる園芸作物等の生育障害の防止及び生育障害が発生した場合の対策のための関係者による取組みを強化する旨通知がありました。
つきましては、下記資料や農林水産省ホームページを御承知いただき、取組みに御協力下さるよう願います。



農林水産省「牛ふん堆肥中のクロピラリドが原因と疑われる園芸作物等の生育障害の発生への対応について」(pdf 537KB)
東北農政局通知(pdf 35KB)
畜産農家・耕種農家・育苗業者の皆様へ(pdf 225KB)
堆肥製造・培土製造・販売業者の皆様へ(pdf 392KB)

農林水産省ホームページ「クロピラリド関連情報」

問合せ先/生産環境担当 023-630-3419

更新日/2017年 7月 10日

関連情報

5月31日
堆肥の窒素有効化率(肥効率)【農業技術課】
10月30日
山形県の耕地土壌【農業技術課】
10月30日
樹園地の実態と土壌管理【農業技術課】
10月30日
施設土壌の実態と土壌管理【農業技術課】
10月30日
転換畑の土壌管理【農業技術課】

ページの先頭へ