こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


「林業経営学科」学生向けの「合同会社説明会」を初開催

平成28年4月に農林大学校に新設した「林業経営学科」に1期生15名が入校して、1年が経過しました。これまでの講義や実習を通して、森林・林業の基礎的技術から実践的技術まで幅広く学び、あどけなかった顔立ちもたくましい大人の顔になってきました。
農林大学校は2年制のため、1年後の平成30年4月には「林業経営学科」の初めての卒業生が社会に羽ばたくことになります。「林業経営学科」以外の学生は、即就農や農業関係企業への就職希望がほとんどですが、「林業経営学科」の学生は、森林組合等の林業事業体や、木材産業関連企業等への就職の希望が多いことから、3月15日に本校で初めての林業・木材産業関連企業説明会を開催しました。
 説明会には、新卒者採用計画のある24社の参加があり、就職活動デビューとなる学生達は、各ブースを回り、求人内容や雇用条件、会社の人材育成方針などを真剣に質問していました。
今後は、学生が関心を持った企業等には、関係団体を通して、企業・法人等が求める人材と学生が希望する業務内容等のマッチングを目的としたインターンシップを実施し、就職内定につながるよう支援していきます。


合同会社説明会の状況
合同会社説明会の状況

学生が一人ずつブースを訪問
学生が一人ずつブースを訪問


発信者/0233-22-1527
日沼 賢尚

問合せ先/0233-22-1527

更新日/2017年 3月 30日

関連情報

1月16日
農業情報1月号を掲載しました!【農技環境課】
1月16日
朝日ロンバス方式によるりんご早期成園化技術の開発【園芸試験場】
1月16日
水稲新品種「雪若丸」の白さと食感の要因解明【農研センター】
1月16日
啓翁桜の生産拡大に向けて新規栽培者を対象に研修会を開催【西置賜普及課】
1月16日
「啓翁桜」産地の維持・強化に向けた取組み【村山普及課】

ページの先頭へ