こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


「新規就農者支援セミナー・個別相談会」を開催

 就農する若者が増えてきていますが、新規就農者や就農予定者は、様々な不安を抱えています。就農計画の作成、栽培や経営管理技術の習得、計画に沿った営農の実践、更に新規参入者は農地・住宅の確保や資金力の課題などがあります。
 このような様々な不安を解消しようと、当課では平成29年2月23日に、鶴岡・田川地区の新規就農予定者と就農後おおむね3年以内の農業者を対象に「新規就農者支援セミナー・個別相談会」を当課研修室で開催し、30名が参加しました。
 最初に、かほくイタリア野菜研究会理事長で元青年農業士の牧野聡氏から講演をいただきました。他産業から農業へ飛びこんだときの苦労や、経験からの「正しい知識と目利き」、「売れる農産物」、「資金繰りや給付金」の話は、夢を追う若者へのよい道案内になりました。また、農商工連携から生み出されたイタリア野菜の新たなブランド化への取組みは、その次のステップへの示唆になりました。
 次に、各関係機関や団体から新規就農にかかわる施策、研修の情報提供を行い、農業青年クラブ「みのたの村」、「米米倶楽部」両会長がクラブの活動状況を熱く語り、新たな仲間づくりを進めようと加入を呼びかけました。
 その後、セミナーの参加申込み時にあらかじめ提出してもらった相談希望内容に応じて、関係機関の担当者を10のブースに割り振り個別相談会を行いました。相談を希望した12人は、農業士や関係機関の職員に経営計画をもとに現在の悩みを相談し、今後の方向性を確認しました。参加者の一人は、「この場ですぐに解決できないことも関係機関等の担当者と面識を持てたので、今後も相談できる環境ができ安心して営農できる。」と話しており、有意義な時間となりました。


牧野氏による講演
牧野氏による講演

個別相談会各ブースの様子
個別相談会各ブースの様子


発信者/庄内総合支庁農業技術普及課  阿部 巖

問合せ先/0235-64-2103

更新日/2017年 3月 1日

関連情報

6月13日
農業情報6月号を掲載しました【農技環境課】
6月13日
水稲新品種「雪若丸」の大区画直播実証試験【農研センター】
6月13日
国内初!株式会社黒澤ファームJGAP精米部門認証取得【置賜普及課】
6月13日
耕畜連携による子実用とうもろこし自給実証の活動開始【西置賜普及課】
6月13日
セルリー温湯消毒実施で斑点病を回避し品質向上を目指す【村山普及課】

ページの先頭へ