こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


食品の安全・安心技術セミナーを開催

 平成29年2月22日、農林大学校短期研修施設で、「食品の安全・安心技術セミナー」を開催し、管内の6次産業化に取り組む農業者約40人が参加しました。
 セミナーでは講師の株式会社県央研究所の茨木和雄氏から、賞味期限設定と衛生管理について講演をいただきました。
 賞味期限設定にあたっては、食品の特性に応じた条件で試験を実施し、判定基準に基づいた合格期間に安全係数をかけて設定するなど、根拠に基づいた期限設定の方法と重要性について理解を深め、衛生管理意識の向上につながりました。
 参加者からは、「これからは経験則ではなく、保存試験を実施し、科学的根拠に基づいて期限を設定したい」、「良い加工品づくりのため、手洗い、5S(整理・整頓・清潔・清掃・しつけ)の重要性を再確認した」との感想が出されました。
 次回セミナーでは、加工食品の義務表示事項や注意点など食品表示について学ぶ予定です。当課では、今後も安全安心な食品の製造販売について支援していきます。


セミナーの様子
セミナーの様子


発信者/最上総合支庁農業技術普及課 阿部真梨子

問合せ先/0233-29-1333

更新日/2017年 2月 28日

関連情報

6月13日
農業情報6月号を掲載しました【農技環境課】
6月13日
水稲新品種「雪若丸」の大区画直播実証試験【農研センター】
6月13日
国内初!株式会社黒澤ファームJGAP精米部門認証取得【置賜普及課】
6月13日
耕畜連携による子実用とうもろこし自給実証の活動開始【西置賜普及課】
6月13日
セルリー温湯消毒実施で斑点病を回避し品質向上を目指す【村山普及課】

ページの先頭へ