こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


置賜の春の訪れを一足先に!「啓翁桜フェア」開催

 置賜地域は、高畠・白鷹町を中心に3市5町全てで「啓翁桜」が作付され、12月末~3月まで全国各地へ出荷される県内有数の産地です。「啓翁桜」を地元にPRするため、平成29年2月11~12日に米沢市伝国の杜において「啓翁桜フェア」を開催しました。
 8回目となる今年度は「国産花きイノベーション推進事業」を活用して、山形県花き生産連絡協議会と置賜総合支庁が主催し、山形県南生花商組合と山形おきたま花卉振興会からも協力をいただきました。
 当日は長さ約2~3mの「啓翁桜」とスイートピーを使用した見上げる形態の大型アレンジが展示され、各テーマに合わせた「啓翁桜」のアレンジメントの展示・人気投票も行いました。また、一般消費者向けの規格である、70cm、90cm束を展示し、その希望価格についてもアンケート調査を行い、調査結果を今後の販売に活かしていきたいと考えております。
 フェアは2日間開催され、上杉雪灯篭まつりや東北各県の武将隊のイベントが同時に開催されたことから多数の県内外の来場者で賑わい、一足早い置賜の春を楽しんでいただきました。
 当課では、「啓翁桜フェア」開催にあたり生産組織や関係機関と連携しながら運営に関わってきました。今後も、置賜地域の花きの品質向上及び生産拡大に向けた取組み等の支援を継続していきます。


イベントを盛り上げる武将隊
イベントを盛り上げる武将隊

人気投票NO1のフラワーアレンジメント
人気投票NO1のフラワーアレンジメント

人気投票を行う来場者
人気投票を行う来場者

大規模なアレンジの展示
大規模なアレンジの展示


発信者/置賜総合支庁農業技術普及課

問合せ先/0238-57-3411

更新日/2017年 2月 28日

関連情報

6月13日
農業情報6月号を掲載しました【農技環境課】
6月13日
水稲新品種「雪若丸」の大区画直播実証試験【農研センター】
6月13日
国内初!株式会社黒澤ファームJGAP精米部門認証取得【置賜普及課】
6月13日
耕畜連携による子実用とうもろこし自給実証の活動開始【西置賜普及課】
6月13日
セルリー温湯消毒実施で斑点病を回避し品質向上を目指す【村山普及課】

ページの先頭へ