こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


平成28年度「農業経営革新支援講座」を開催

 平成29年2月22日、山形市の山形県高度技術研究開発センターを会場に「農業経営革新支援講座」を開催しました。
 本講座は県内外の著名な農業経営者から経営手法を学ぶことを目的に開催しています。今回は「素材・人材を活かし販路を拓く6次産業化」をテーマに、有限会社米シスト庄内代表取締役の佐藤彰一氏(山形県庄内町)と、有限会社柏崎青果代表取締役の柏崎進一氏(青森県おいらせ町)から講演をいただき、一般農業者や本校学生、農業関係者等、約120名が受講しました。
 佐藤氏は、米の輸出の取組みとその経験から、“自分達が持つ強み”に原点回帰し、独自の加工品開発へと進んだ経緯を説明されました。さらに自身が考える6次産業化成功のポイントや、今後を見据えた農業の展開にも触れ、行動することの大切さを語られました。
 柏崎氏は、野菜の生産から加工部門に重点をシフトした経緯と、積極的な海外展開や地域をけん引する数々の取組みを紹介し、ヒット商品を生み出してもそこで立ち止まらず、動き続けることの重要性を語られました。
 講演の後の質疑応答では、「6次産業化に取り組む際に考えておくべきこと」、「これからの農業と就農者を増やす工夫について」等の質問があり、講師のお二人からそれぞれの考えが示されました。
 受講者からは、「農業をするために必要な情報がたくさんあり大変勉強になった」、「新しいことを行うにはリーダーが決意を固める必要があると感じた」等の声が聞かれました。
 本校では、今後も農業経営の発展段階に応じた様々な研修を開催し、本県の農業者をサポートしていきます。


有限会社米シスト庄内 代表取締役 佐藤彰一氏の講演
有限会社米シスト庄内 代表取締役 佐藤彰一氏の講演

有限会社柏崎青果 代表取締役 柏崎進一氏の講演
有限会社柏崎青果 代表取締役 柏崎進一氏の講演

質疑応答の様子
質疑応答の様子


発信者/黒坂 美穂

問合せ先/0233-22-1527

更新日/2017年 2月 27日

関連情報

8月9日
農業情報8月号を掲載しました【農技環境課】
8月9日
7月新盆出荷向けリンドウの新作型開発【園芸試験場】
8月9日
リモートセンシング技術を用いた水稲の生育診断【農研センター】
8月9日
直売活動の活性化支援「農産物直売所向け野菜出荷拡大研修会」を開催【西置賜普及課】
8月9日
百聞は一見にしかず!聞いて、見て、食べて、農産加工実践者の取り組みを学ぶ【村山普及課】

ページの先頭へ