こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


「産地の剪定名人から学ぶ剪定講習会」を開催

 平成29年2月14、15日の両日、本校の果樹園地を会場に、「産地の剪定名人から学ぶ講習会」を開催しました。今年で9年目を迎える当講習会は、高大連携実技講習会としても位置付けており、本校果樹経営学科学生18名のほか、県内の農業関係学科を有する高等学校教員及び山形大学の教員も参加し、活発に質問が飛び交う講習会となりました。
 さくらんぼの講習会では、寒河江市の軽部賢一氏を講師に迎え、「佐藤錦」と「紅秀峰」の剪定を行い、それぞれの特性を踏まえた剪定について学びました。 
 りんごでは、東根市の髙橋十浩氏を迎え、美味しい「ふじ」を実らせることを目的に、良好な花芽をつくる剪定法について学びました。  
 本県を代表する名人の技術は非常に高度で、学生が自分のものにするにはまだまだ経験が必要ですが、丁寧でわかりやすく説明していただき、学生にとっては有意義な「学ぶ場」となったことに改めて感謝を申し上げたいと思います。
 本校では、今後も地域や産地、関係機関と積極的に連携しながら、学生の資質向上に向けた取組みを行っていきます。



さくらんぼの剪定の実演
さくらんぼの剪定の実演

りんごの剪定の実演
りんごの剪定の実演


発信者/山本 均

問合せ先/0233-22-1527

更新日/2017年 2月 27日

関連情報

4月12日
農業情報4月号を公開しました!【農技環境課】
4月10日
加工業務用えだまめ栽培の単収向上を目指して【庄内普及課】
4月4日
西置賜農業士会冬期研修会を開催【西置賜普及課】
3月30日
「林業経営学科」学生向けの「合同会社説明会」を初開催【農林大学校】
3月30日
集落営農法人による果樹生産や担い手育成の可能性を探る視察研修を実施【村山普及課】

ページの先頭へ