こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


新規栽培者の獲得を目的とした園芸作物研修会を開催

  西置賜地域では園芸作物の導入・拡大による農業所得向上と産地の振興に力を入れています。そこで、新規栽培者の拡大を目的に管内市町において園芸作物研修会を開催しました。
 対象作物はアスパラガス、えだまめ、「啓翁桜」、ももなどで、研修会では、主に当課の担当者が講師をつとめ、栽培の概要や生産者の事例紹介、近年の市場動向、初期投資・支援制度等について関係機関と分担して情報提供しました。
 長井市では、平成29年1月31日に長井市市民文化会館において「農業所得向上を目指す人のえだまめ・アスパラガス・啓翁桜研修会」が長井市、長井市農業再生協議会、JA山形おきたま、当課の主催で開催されました。
 飯豊町では、平成29年2月5日に飯豊町中部地区活性化センターにおいて「飯豊町園芸振興説明会」が飯豊町農業技術者会の主催で開催されました。
 白鷹町では、平成29年2月6日にJA山形おきたま白鷹青果物流通センターにおいて、「野菜・花き・果樹栽培講習会」がJA山形おきたまの主催で開催されました。
 新規作付を前提とした夫婦での参加などもあり、意欲的に聞き入る姿が多くみられました。
 米価下落等、農業をめぐる環境は厳しさを増していますが、所得の確保を図る方策の一つとして園芸部門の拡大がますます重要になっています。今後も栽培希望者に対して、個別または関係機関と連携した継続的な支援により、新規栽培者の育成に取り組んでいきます。


アスパラガスの説明(長井市)
アスパラガスの説明(長井市)

啓翁桜の説明(飯豊町)
啓翁桜の説明(飯豊町)


発信者/置賜総合支庁西置賜農業技術普及課 木村 秀一

問合せ先/0238-88-8216

更新日/2017年 2月 23日

関連情報

6月13日
農業情報6月号を掲載しました【農技環境課】
6月13日
水稲新品種「雪若丸」の大区画直播実証試験【農研センター】
6月13日
国内初!株式会社黒澤ファームJGAP精米部門認証取得【置賜普及課】
6月13日
耕畜連携による子実用とうもろこし自給実証の活動開始【西置賜普及課】
6月13日
セルリー温湯消毒実施で斑点病を回避し品質向上を目指す【村山普及課】

ページの先頭へ