こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


遊佐町直(すぐ)世(せ)地区で「つや姫」実績検討会を開催

 平成29年1月31日、「つや姫」の高品質安定生産の重点指導を行っている遊佐町直世地区で実績検討会を開催しました。同地区は管内の最北部で、全般に地力が低く、日本海からの北西風や鳥海山から吹き下ろす風が強いことから、収量が不安定な地域です。当課では4月の育苗期から生産者の皆さんと一緒に、「つや姫」の高い品質を維持しつつ、収量の向上に取り組んできました。
 今回の検討会は直世地区のつや姫生産者11名全員が集まり、今年度の総括と次年度の対策について話し合いました。28年度は天候にも恵まれ、適切な栽培管理が行われたことから、ほとんどの生産者が増収しました。29年度に向けては、さらなる収量・品質向上を目指し、ケイ酸資材の積極的な投入を提案しました。
 当課では直世地区の収量向上と品質・食味の高位安定を図るため、29年度も引き続き重点指導を継続する予定です。

今年の作柄について話し合う生産者と普及員
今年の作柄について話し合う生産者と普及員


発信者/庄内総合支庁産業経済部酒田農業技術普及課

問合せ先/0234-22-6521

更新日/2017年 2月 1日

関連情報

4月12日
農業情報4月号を公開しました!【農技環境課】
4月10日
加工業務用えだまめ栽培の単収向上を目指して【庄内普及課】
4月4日
西置賜農業士会冬期研修会を開催【西置賜普及課】
3月30日
「林業経営学科」学生向けの「合同会社説明会」を初開催【農林大学校】
3月30日
集落営農法人による果樹生産や担い手育成の可能性を探る視察研修を実施【村山普及課】

ページの先頭へ