こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


安定生産は土づくりから!若手生産者等に土壌診断の必要性を喚起

  当課では平成28年度から、きゅうりの若手生産者やセルリーの新規参入者を対象に、技術力向上の支援を重点的に行っています。その取組みの1つとして、平成29年1月13日に土づくりへの知識を深めてもらうことを目的に、土壌診断結果の活用方法について講習会を行いました。この講習会は、農業経営実践講座(野菜コース)と併せて開催し、20名の参加がありました。
 講習会では、主な診断項目であるpH、EC測定に焦点をあて、それぞれの結果からわかること、診断の必要性を説明しました。さらに、栽培する野菜に適した窒素肥料、石灰質資材、有機物等の主な種類や施用方法を話し、適切な施肥と土づくりによる土壌環境の改善を促しました。
 また、参加者に圃場の土を持参してもらい、後日、個別に診断結果と対応策を伝えました。まだ経験が十分ではない若手生産者や新規参入者は、土壌の状態が数値として見えるようになったことで、土づくりへの理解がより深まったようです。
 今後も継続して安定した野菜生産が行えるように、土壌診断を活用した土づくり講習会、勉強会を開催する予定です。


土壌診断の活用方法を確認
土壌診断の活用方法を確認


発信者/村山総合支庁農業技術普及課 林 由佳

問合せ先/023-621-8290

更新日/2017年 2月 1日

関連情報

6月13日
農業情報6月号を掲載しました【農技環境課】
6月13日
水稲新品種「雪若丸」の大区画直播実証試験【農研センター】
6月13日
国内初!株式会社黒澤ファームJGAP精米部門認証取得【置賜普及課】
6月13日
耕畜連携による子実用とうもろこし自給実証の活動開始【西置賜普及課】
6月13日
セルリー温湯消毒実施で斑点病を回避し品質向上を目指す【村山普及課】

ページの先頭へ