こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


「東南村山 新規就農相談会」を開催

平成29年1月30日、新規就農に関する疑問・不安の解消を目的とした相談会を開催し、東南村山地域の新規就農者と就農予定者の16名が参加しました。
 新たに農業を始める方々は、農地の取得や栽培技術、販売方法など、それぞれ不安を感じながらスタートラインに立っています。そこで、前半は先輩就農者の事例発表、後半は個別相談会としました。
 事例発表は、就農して8年目となる、山形農業青年連絡協議会会長の佐藤伸治氏から、自らの就農からこれまでを振り返りながら、様々な人達との交流の中で実績を積み上げてきたことに触れ、「答えは一つではない。自分に合ったやり方を見つけてほしい」とアドバイスがありました。
 続いての個別相談では、新規就農者・就農予定者一人一人の相談に対し、東南村山農業士会と農業青年組織の先輩農業者や、市町、農業委員会、農協など関係機関の担当者がセットとなって、就農計画の作成や農業青年組織への加入など、きめ細かなアドバイスを行いました。持ち時間ぎりぎりまで熱のこもったやり取りが続いていました。


新規就農者・予定者の相談に先輩農業者、関係機関・団体がアドバイス
新規就農者・予定者の相談に先輩農業者、関係機関・団体がアドバイス


発信者/村山総合支庁農業技術普及課 清野 明子

問合せ先/023-621-8277

更新日/2017年 2月 1日

関連情報

10月11日
農業総合情報10月号の記事を掲載しました!【農技環境課】
10月11日
「シャインマスカット」の長期貯蔵技術と輸出実証【園芸試験場】
10月11日
すいかの爽やかな風味・シャリ感を活かした加工品開発【農研センター】
10月11日
加工品の魅力を効果的に伝える「FCPシート作成セミナー」を開催【村山普及課】
10月11日
耕畜連携による稲WCSの安定生産を目指して【最上普及課】

ページの先頭へ