こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


「北村山新規就農交流研修会」を開催

 農業者の減少と高齢化が進む中、地域農業の維持・発展を図る上では、新規就農者の確保・育成が重要な課題となっていることから、当課では、新規就農者に対し、栽培技術や経営管理面での支援を行っています。
 こうした支援の一環として、平成29年1月27日、就農後5年目までの新規就農者と、平成29年春からの就農者を対象に、早期の経営安定と、地域の仲間づくりを目的として、「北村山新規就農交流研修会」を開催しました。
 冒頭、最上町で促成アスパラガス等の新たな栽培に取り組む齊藤和広氏から、「新規就農者として活躍するには」と題する講演をいただきました。ICT技術を駆使しての経営改善と、仲間づくりや地域を大切にする同氏の姿勢や取組みは、参加した約30名の新規就農者に対し、大いに刺激となるものでした。
 各種支援施策や地域の農業青年組織の紹介後、各市町単位に分かれ、情報交換を行いました。新規就農者は、それぞれの経営計画や当面の課題について発表し、地元の農業士から助言をいただく中で、自らの経営の参考とするとともに、地域内での仲間づくりを進めるきっかけとしていました。


齋藤氏による講演
齋藤氏による講演

市町単位の交流
市町単位の交流


発信者/村山総合支庁北村山農業技術普及課 西村満

問合せ先/0237-47-8637

更新日/2017年 1月 31日

関連情報

4月12日
農業情報4月号を公開しました!【農技環境課】
4月10日
加工業務用えだまめ栽培の単収向上を目指して【庄内普及課】
4月4日
西置賜農業士会冬期研修会を開催【西置賜普及課】
3月30日
「林業経営学科」学生向けの「合同会社説明会」を初開催【農林大学校】
3月30日
集落営農法人による果樹生産や担い手育成の可能性を探る視察研修を実施【村山普及課】

ページの先頭へ