こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


置賜地域就農予定者研修会を開催

 平成29年1月13日に、職業として農業に興味を持つ置賜地域の高校3年生と農林大学校2年生等を対象として、「就農予定者研修会」を開催しました。当日は、高校生と農林大学校生の他、保護者、学校職員、西置賜農業士会、市町担当者等29名の参加がありました。
 最初に、白鷹町の「農事組合法人サンファームしらたか」を視察しました。理事で指導農業士の今邦夫氏から冬場の品目として力を入れている啓翁桜について説明をしていただき、法人に就農した若手従業員からもお話をお聞きすることができました。参加者は、従業員を雇用し、周年作業体系を確立している法人の経営について熱心に聞いていました。
 次に、白鷹町中央公民館で研修会を行いました。研修会では、「先輩から学ぶ」として青年農業士の舩山裕介氏から自らの就農までの経過についてお話しいただきました。その後、指導農業士の髙橋剛氏、今邦夫氏、遠藤惠美子氏との意見交換を行いました。参加者からは、冬場に取り組みやすい園芸品目や法人化のメリット・デメリット、両親から経営を引き継ぐ際の留意点等について質問があり、農業士から助言をいただきました。最後に、当課から管内青年クラブの紹介や就農支援制度の紹介を行いました。
 当課では、今後も関係機関や農業士会と連携して新規就農者の就農定着に向けた支援を行っていきます。


サンファームしらたかでの現地研修会
サンファームしらたかでの現地研修会

指導農業士との意見交換会
指導農業士との意見交換会


発信者/置賜総合支庁西置賜農業技術普及課 土門 薫

問合せ先/0238-88-8212

更新日/2017年 1月 23日

関連情報

3月1日
耕作放棄地を農地に再生し、世界のマーケットへ!初収穫した「啓翁桜」をロシアへ輸出【酒田普及課】
3月1日
つや姫栽培技術研修会を開催!【酒田普及課】
3月1日
エコファーマー認定説明会を開催【酒田普及課】
3月1日
園芸産地における担い手育成をねらい研修会を開催【村山普及課】
3月1日
天童市でりんごの商品化率向上に向け病害対策を研修【村山普及課】

ページの先頭へ