こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


「農業経営力養成基礎講座」を開催

 平成28年11月29日・12月8日・12月26日の3回にわたり、農業経営力養成基礎講座を開催しました。この講座は、本校2学年で就農を予定している学生、就農に向けた研修を行っている方、就農5年程度までの農業者を対象に、農業経営者としての判断力や実践力を身に付けることを目的に開催したもので、26名が受講しました。
 第1回の講座では、先進的農業法人の経営事例に学ぶため、舟形町の株式会社ムラサキ農産(ねぎ栽培)技術総括の八鍬良則氏、新庄市の有限会社クリタ園芸(ミニシクラメン等栽培)代表取締役の栗田義夫氏、宮城県大崎市のデリシャスファーム株式会社(トマト栽培・加工)代表取締役の今野文隆氏の3名から講義を頂きました。第2回と第3回の講座では、山形市の中小企業診断士である大野勉氏を講師に、経営計画の作成について講義と演習を行いました。
 受講者のアンケートでは、「春から実家で就農するに当たって、我が家の経営を見直すことが出来た」、「労働時間や作業内容等をしっかり記録することの重要性を痛感した」、「凄く実用的な研修で、自らの経営に活用していきたい」等、前向きな回答が多数ありました。
 本校では、就農定着段階の農業者等を対象に経営力養成のための講座等を行い、次代を担う農業経営者の育成を図っていきます。


大野中小企業診断士の講義
大野中小企業診断士の講義


発信者/佐藤眞一

問合せ先/0233-22-1527

更新日/2016年 12月 28日

関連情報

8月9日
農業情報8月号を掲載しました【農技環境課】
8月9日
7月新盆出荷向けリンドウの新作型開発【園芸試験場】
8月9日
リモートセンシング技術を用いた水稲の生育診断【農研センター】
8月9日
直売活動の活性化支援「農産物直売所向け野菜出荷拡大研修会」を開催【西置賜普及課】
8月9日
百聞は一見にしかず!聞いて、見て、食べて、農産加工実践者の取り組みを学ぶ【村山普及課】

ページの先頭へ