こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


「第7回農林業・食料・環境を考える山形県民シンポジウム」を開催

 平成28年11月22日に山形県高度技術研究開発センターを会場として、山形大学農学部、農林大学校、上山明新館高校、左沢高校、村山産業高校、新庄神室産業高校、置賜農業高校、庄内農業高校が主催し、「第7回農林業・食料・環境を考える山形県民シンポジウム」を開催しました。
 このシンポジウムは、学生・生徒の農林業に関する最新の研究や農林業学習に関する成果を紹介し、県民の皆様に農林業との関わりや価値について理解を深めていただくとともに、これからの農林業を担う若者が未来を語り合い農林業の魅力を発信することにより県農林業の発展に資することを目的として、平成22年から実施しています。当日は、生徒・学生をはじめ一般県民の方約280名が参加し、意見発表やプロジェクト発表、パネルディスカッション等を行いました。
 意見発表では、本校1年の松田啓作さんが、「林業の大切さと魅力を伝えたい」と題し、一般の方に対して林業理解を深める取組みの大切さについて発表し、その他に庄内農業高等学校の生徒の発表がありました。
 プロジェクト発表では、本校2年の鈴木愛花さんが、「ご飯やスイカの飼料化による牛肉の評価向上方策の提案」と題し、ご飯や規格外すいかの飼料化方法の検討と飼料化の提案について発表し、その他に、上山明新館高等学校の生徒と山形大学大学院農学研究科の学生の発表がありました。
 パネルディスカッションでは、「若者たちに伝えたい 森林(モリ)の恵み」をテーマに、コーディネーターに山形大学農学部教授の野堀嘉裕氏、アドバイザーに本校の吉崎明教授、パネラーには指導林業士の加藤周一氏(鶴岡市)、青年林業士の庄司樹さん、金山町森林組合参事の狩谷健一氏をお迎えし、林業の魅力や自らが取り組む森林経営の紹介、林業に携わる若者へ期待することについての話がありました。
 当シンポジウムは、参加された県民の方や農業について学習している学生・生徒にとって森林や林業に関して理解を深める機会となり、林業を学ぶ学生には学習意欲をさらに高める機会になりました。
 本校では、今後も大学や高校との連携を深め、学生・生徒の交流につながるような取組みを行っていきます。



「山形の食と農と環境を担う私たちの挑戦」をテーマに生徒・学生がプロジェクト発表
「山形の食と農と環境を担う私たちの挑戦」をテーマに生徒・学生がプロジェクト発表

「若者たちに伝えたい 森林(モリ)の恵み」をテーマにしたパネルディスカッション
「若者たちに伝えたい 森林(モリ)の恵み」をテーマにしたパネルディスカッション


発信者/0233-22-1527

更新日/2016年 12月 1日

関連情報

5月16日
農業総合情報5月号を公開しました!【農技環境課】
5月10日
農業法人と農林大学校生との就職相談会【農林大学校】
5月2日
農作業事故ゼロを目指して「最上地域の農作業事故防止キャラバン出発式」を開催【最上普及課】
5月1日
「てっぽう町青空市場」オープン!~消費者と生産者が共生できる地域づくりを目指して~【村山普及課】
5月1日
濃厚飼料自給を目指し飼料用子実とうもろこし栽培実証合同検討会開催【庄内普及課】

ページの先頭へ