こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


宮城県農業大学校農大祭への参加

  「東日本農業大学校等協議会」は北海道・東北地域の農業大学校等で組織する協議会です。協議会では、これまで親善球技大会、プロジェクト発表会や教務・研修・総務等の分科会を開催し、相互の研鑽、連携強化・交流を図ってきました。
 この活動の一環として、学生間の相互交流をより活発にするため、11月5日に開催された宮城県農業大学校(宮城県名取市)の農大祭に本校1年生4人が初めて参加し、農産物・加工品の販売を行いました。果物の人気が高く、「ラ・フランス(3kg)」20箱、「王林(1kg)」50袋は販売開始から20分程度で売り切れてしまい、買えなかったお客様からは「来年はトラック一杯持ってきて」という声も上がっていました。その他、「つや姫」、「りんごジュース」、「ももジュース」、「いちごジュース」を販売し、いずれも完売しました。販売終了後は、展示物や模擬店の見学や、宮城農大生との交流を楽しんでいました。
 宮城農大生からは、「今度は山形の農大祭に参加してみたい」という意見もあり、さらに交流が進みそうです。


販売の様子
販売の様子


発信者/今田孝弘

問合せ先/0233-22-1527

更新日/2016年 12月 1日

関連情報

8月9日
農業情報8月号を掲載しました【農技環境課】
8月9日
7月新盆出荷向けリンドウの新作型開発【園芸試験場】
8月9日
リモートセンシング技術を用いた水稲の生育診断【農研センター】
8月9日
直売活動の活性化支援「農産物直売所向け野菜出荷拡大研修会」を開催【西置賜普及課】
8月9日
百聞は一見にしかず!聞いて、見て、食べて、農産加工実践者の取り組みを学ぶ【村山普及課】

ページの先頭へ