こんにちは、ゲストさん

ホーム >農業総合情報 >


平成28年度「溶接技術研修」を開催

  農業者にとって、農業機械や施設の保守管理は安全に農作業を行う上で大切な知識です。
 平成28年11月、農業機械や施設の修繕に役立つ溶接の知識と技術習得を目的とした「溶接技術研修」を開催しました。
 11月17日~19日はアーク溶接、11月25日~26日はガス溶接について、山形県溶接協会から講師を迎え、県内の農業者、就農予定者及び本校学生の計49名が参加して学びました。
 受講者はそれぞれのコースで、溶接の基礎や各種の知識、安全上の注意点や関連法令等を座学で学んだのち、装置及び設備の取扱いとの説明を受けた後、実習を行いました。
 実習では、不慣れな道具の扱いに最初は戸惑いながらも、作業を繰り返すうちにコツを掴み、手応えを感じている様子でした。研修後、修了者には修了証が交付されました。
 農林大学校では、この他にも農業機械の安全・適正使用のための各種研修を行っています。具体的な研修内容については本校研修部緑風館へお問い合せください。



アーク溶接の実技講習
アーク溶接の実技講習

ガス溶接の実技講習
ガス溶接の実技講習


発信者/黒坂美穂

問合せ先/0233-22-1527

更新日/2016年 12月 1日

関連情報

10月11日
農業総合情報10月号の記事を掲載しました!【農技環境課】
10月11日
「シャインマスカット」の長期貯蔵技術と輸出実証【園芸試験場】
10月11日
すいかの爽やかな風味・シャリ感を活かした加工品開発【農研センター】
10月11日
加工品の魅力を効果的に伝える「FCPシート作成セミナー」を開催【村山普及課】
10月11日
耕畜連携による稲WCSの安定生産を目指して【最上普及課】

ページの先頭へ